【おまけ】結婚おめでとう!

FROM:遠藤祐樹

逸見先生の結婚式を今度は遠藤視点からお伝えします!

12時開始予定の披露宴。私が到着したのは11:40くらい。

席にはすでに工藤先生が到着しており、なにやらスマホを操作しています。

え「おはようございます」

く「おう」

(あら、何かそっけないな。仕事の連絡でもしてたかな)と、気を使いそのまま黙って着席。

く「いや~、何話せばいいかなあ」

え「あ~、スピーチ頼まれてたんですね」

く「うん、昨日からかなり考えてんだけどねえ」

え「期待してます!」

********************

そんなやり取りもほどほどにいよいよ開演。

IMG_1109.jpg

新婦、父と入場。

IMG_1112.jpg

IMG_1114.jpg

新郎と新婦父の熱い握手。う~む…

今回の披露宴は「人前式」というもの。披露宴と式を兼ねたものなのかな?この手の話に一切縁がないので、自分なりにそう解釈しました。

なので、この場で指輪の交換。

IMG_1278.jpg

幸せそうだ。

IMG_1277.jpg

********************

その後、主賓挨拶。我らが塾長の登場。

IMG_1136.jpg

「ただいまご紹介に預かりました、株式会社ハイパーラーニング 代表取締役 塾ty…」

(かんだ笑)

「ダイヒョウトリシマリヤク ジュクチョウの工藤と申します」

後で聞いたら、少し緊張していたとのこと。しかし笑いもあって、いいスピーチでした。さすが!

**************************

その後、乾杯を経て料理が運ばれてきました。

朝から何も口にしていない独身の私は、ここぞとばかりにがっつく。

前菜をものの数秒でたいらげると、よこからチョンチョンと塾長が私の肩をたたきました。

え「どうしました?」

く「いや…俺さ、ブロッコリーと、このちっちゃいコーンみたいなやつ?これ苦手なの…。お前食べていいよ」

IMG_1141.jpg

工藤先生は生徒から「恐い!」とか言われてるけど、味覚は小学生レベル。

好きなお菓子はベビースターですからね。生徒のみなさん、怖がる必要はないよ♪

IMG_1144.jpg

く「おお~、いいね~。これだよこれ」

え「やっぱり魚ですよね!」

く「いや、ちがうよ。よく見ろ」

工藤先生が皿の中央を指差すと、その先には金粉が。

ああ、そっちですか…

**************************

ご歓談中。昨年、ディズニーシーで式を挙げたときの写真がスクリーンに映されました。

IMG_1283.jpg

何か、逸見さんいつもと表情が違うなあ。

IMG_1274.jpg

この間、隣の塾長は終始「やめてくれ~」とか「かゆい~」と幸せアレルギー反応全開。うっとおしい…

**************************

式も終盤というころに我々の座る席に逸見さんのご両親がいらっしゃいました。

工藤先生はお姉さんも含めて、逸見家とは長いお付き合いだからでしょう、会話も弾んでいる様です。

ご両親が席を離れると、

く「いや~まいった」

工藤先生の目が若干うるんでいるように見えました。

え「どうしたんすか?」

く「『娘の人格形成をしてくれて、ありがとうございます』だって…。成績云々ならまだしもさあ…」

さっきはお姉ちゃんに「なぜ泣く!?」と散々罵っておきながら、自分が泣いているじゃないか!

でもまあ、保護者にそんなことを言われたら最高だろうなあ。

**************************

とってもいい式でした!末永くお幸せに!!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

結婚おめでとう!

今日は名取教室の社員、逸見先生の結婚式。

生徒として中1から高3まで、そして現在は社員として頑張ってくれている彼女も、とうとうこういう日を迎えることになったか~と、見ていて感慨深いものがありました。

ウエディングドレスに包まれてまあ…

透き通るような美しさに言葉がありません、、でもこのあとスピーチなんだよな…

IMG_1279.jpg

指輪交換。

いや~なぜだろう…こういう幸せビームには耐えられないものがあります。

IMG_1278.jpg

あらあらあらあら…

いや~なんだかあちこちがカユくなってきたぞ…

IMG_1277.jpg


オイオイ、まさかァ~~???

コ、コラッ!ウチの逸見先生に何をする!

IMG_1280.jpg

や~め~て~~~

IMG_1282.jpg


ほう、ケーキ入刀か。

二人とも笑顔が素敵だね!

IMG_1276.jpg

司会女性「ハイ、ではお互いに『あ~ん』としてください」

え?!あ~んだって?

あ~んはダメ、あ~んはダメ!

IMG_1284.jpg

や~め~て~~~

IMG_1275.jpg

く…苦しい…

や、焼ける…幸せ光線で体が焼ける…

IMG_1286.jpg

お色直し。ブルーがかったドレスがまた似合うこと。

逸見さんのお姉さん、妹の手を取ったときしきりに涙をぬぐう。

IMG_1285.jpg

そのお姉さんが私のところに酒を注ぎに。この子も中学3年間教えました。

姉「工藤先生!その節はお世話になりました!」
工「なあ、あのときなんで泣いたの?」

姉「え?いや…だって…」
工「普段から妹の手ぐらい握れるだろ」

姉「感動したんですっ!」
工「もう……簡単に泣くなよ。だから数学が解けないんだ」
姉「(爆笑)」

IMG_1270.jpg

「まったくね…どう感動したのかきちんと証明してもらいたいんだよ」

私の話に大爆笑の遠藤クン。いや~めでたいね!

最後に記念撮影。

IMG_1272.jpg

お二人とも、末永くお幸せに!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

高校入試の仕組みが変わる③

3/14の県の答申で、現在の高校入試前期試験に「さまざまな課題があることが改めて明らかとなってきた」とありました。ではその続きを。

☆前回までのあらすじ

前期試験があるために…

・入試が長期化している
・不合格で精神ダメージ大
・後期で志望校を下げる人がいる
・入りたい高校ではなく、出願できるところを狙う人がいる

だから前期試験をなくそうか、という話でした。さて、今回は…

※過去の記事はこちら↓
part.1
part.2

**************

<中学における課題の続き>

・「前期選抜合格者の、授業に対する意欲が低下し、後期選抜に向け学習に意欲的になっている生徒との間に温度差が生じる」

ハイ…まあ普通はそうですね。偏差値的にいうと50以下の生徒はそうなるケースが多いです。

でも、50後半から上では意欲が落ちないケースが多いかな…経験的に。合格を決めた翌日も、普通に授業前に自習にきますね。

むしろこっちが言っちゃいます。「受かったんだから少しは遊んだら?」って。

DSCN0012.jpg

CIMG2286.jpg

こちらがそう言っても、生徒のほとんどは、

・後期のみんなが必死だから、このまま何もしなかったら入学後に差が出てしまう…

・自分は数学がダメだから今のうちにもっとやっとかないと…

・合格したのはマグレ。自分はバカだからもっとやんないと高校についていけない…

など、気の毒なくらい危機意識があることが多いですね。

でも逆にそのぐらい根を詰めてやれる人だから合格したのかも。

だからこの記事を読んだとき、
トップクラスの人で、合格後すぐに「授業に対する意欲が低下」した人っていたかな…って逆に思っちゃいました。

……あ、一人いた。

発表前日まで「絶対落ちた~!!」と言って人の何倍も勉強しておきながら、受かってすぐ勉強をヤメて星ドラに熱中した I 吹ちゃんが…

**************

・「学年末の時期に、入試事務が切れ目なく続くことにより、学校の教育活動や在校生への指導が十分にできない状況がみられる」

そうそう、これね…中学校の先生方、お疲れ様でございます。

でも高校の方が採点とか選抜とかもっとタイヘンだろうにと見ていたらこれが…↓

<高校における課題>

・「入試事務が3ヶ月間途切れなく続くことから、授業時数が十分に確保できず、在校生に対する本来の教育活動に支障が生じている」

ですよね~。高校の先生方はどうぞ高校生のレベルアップに時間を費やしてください。

特に一高の先生方は他と違って前期に条件を設けていないので、今までさぞかしタイヘンだったでしょう。おそらく前期消滅に一番喜んでいるのは一高では。枷がなくなった暁には今度こそ打倒○高目指してがんばってください!

(つづく)

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

テスト勉強の様子

昨日の午後2時。

中学生は中総体の振替休みなので、テスト勉強のために早くから教室に呼んでいました。

DSCN0439.jpg

中3↓

みんな熱心に、学校ワークを進めます。

もしこういうのがなかったら、、、
生徒たちの大半は家で遊んで、または寝て過ごすんだろうな…ウチの息子のように。

DSCN0423.jpg

そう考えると、こういう強制イベントは、

一つのやるきっかけになっていいのかもしれない。

DSCN0424.jpg

それにしても、いつもは体育着が多いけど、

昨日は学校が休みだからか私服の人が多い日でした。なんか新鮮…

DSCN0428.jpg

DSCN0432.jpg

DSCN0422.jpg

DSCN0433.jpg

部活が終わった中3のみなさん、お疲れさまでした!

とりあえず今は、目の前の定期試験に向けてがんばってください!

中3に手を焼く

「なんだ!この間違いの多さはッ!

これもバツ!ハイ、バツ!バ~~ツ!ヒデーなぁ、おい!」

中3Sクラスに宿題として出していた増田中の定期試験過去問。

それを集めてさっそくマルつけを開始すると…、みんなの間違いが多くて辟易しました。

私がバツをつける音も次第に大きくなり…。

「なんでみんなプラスマイナスがないんだよ!」
「因数分解なのに展開してる奴がいるぞ!」
「素数が1だと?これは生きている意味がねえな!」

そうやってビシッビシッとつけるバツの音に「ヤバ…」と顔をしかめる生徒たち。気持ちイイ…

「ふぅ~~……終わってるなこれは。

あ~あ、オレは褒めて育てたいのにさー。なのにこんなに間違って。

お前ら…中総体が終わったら……覚悟するんだな」

DSCN0391.jpg

答案を返して生徒に間違い直しをさせている間、私はBクラスへ移動。

すると明るい性格のT君が真面目に学校ワークをやっているのを発見しました。

「おお、ちゃんとやってるじゃないか」
「え?当たり前じゃないですか~」

(いいねえ…こういう調子に乗ってる奴は大好きだね)

DSCN0396.jpg

「このマークは何だ?」
ふと、問題の横に青色のスタンプが押してあるのが気になって聞きました。

すると、1回間違った問題だからまたやるための印とのこと。

「エライ!お前、何が大事か分かってるな!」

DSCN0397.jpg

そこからは加藤先生と二人で手分けして個別指導。

「ハイ、ここはAとおいてやるんだよ」

Sクラスには怒鳴るけど、こちらの女子にはなるべく優しく声掛けします。

DSCN0401.jpg

バツもつけません。

勉強に自信がない生徒…、特に女子はバツを見ただけで萎縮し、思考が止まってしまいます。なるべくそれは避けたい。

「こっち見て。その問題はこうやるの」

やさし~く、やさし~く…

DSCN0404.jpg

H君↓も面白いから大好き。

「…で、ここはこうなるんだ。知ってた?」

私が丁寧に説明すると,
「それは初耳学に認定ですね」

DSCN0398.jpg

今日で部活が終わりの人は、3年間お疲れ様でした。

明日2時から空いてます!自習待ってまーす!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR