タメになるホラー話③「上から見下ろす」

「それでここは、~~となって~~となって、こうなるの。どう?分かった?」

「はぁ~・・・なんとなく・・・」

「はい、じゃあこれをやってみよう!今のと解き方はほとんど同じだからね」

「ふぅ・・・ハ~イ・・・」

「・・・・・・・・う~ん、手が動かないな。もう一回言うよ!まずはここを求める。それが分かればここが分かる。それを使って式にあてはめ答を出す。この問題は3段階のプロセスになってるの。一つ一つのやり方はお前なら知ってるよな?」

「はい。それは分かるんですけど・・・」

「じゃあ必ず解けるはずだよ。勇気を出して!・・・あ、そうだ!君にピッタリの話をしてやろう。彼女はね・・・」

------------------------------------------
タメになるホラー話
第3話「今菜野 夢理(こんなの むり)」


「はい、じゃこの小テストやるぞ。時間は10分!始め!・・・・・・あれ?今菜野さん?どうしたの?全然手が進んでないよ」

「はぁ~・・・全然わかんない・・・」

「え?これ、いつも当たってたじゃん。ちょっと文章が長いけどいつものあれだよ。こうやってこうやって・・・」

「・・・?・・・?!・・・ああ!」

「う~ん、どうも分かる分からないの問題じゃないなこれは・・・。今菜野さん、数学に苦手意識があるでしょ」

「はい・・・。数学はキラいです・・・。見るのもイヤです・・・」

「見るのもイヤねぇ・・・。まあ、好きになる必要はないんだけどさ。でも受験科目にある以上、嫌いだといって逃げ回るわけにはいかないよね」

「はい・・・でも、逃げてなんかいません!」

「いーや逃げてるね、俺には分かる。君は数学の問題を見たとき、目の前に越えられない壁のようなものを感じてやってないか?どうせ自分には無理とハナからあきらめてるみたいな・・・」

「え?・・・ああ・・・なんとなく・・・」

「それでは数学は解けないんだよ。たとえたくさん練習をしても『どうせ解けない、こんなの無理』と思いながらやっているうちは頭が働かないんだ。これからは『たくさん練習したんだから、私には解けるはずだ。』『こんなの、ちょろいわ』『さあかかっておいで』と考えなさい。問題を上から見下ろすんだ。」

「上から…ですか」

「そう。多少難かしいときには『私を困らすとはなかなかやるわね』ぐらいの気持ちでね。そうすると、問題を解くときものすごく冷静になれる。頭の中のどの引き出しを開ければいいか、考える余裕が生まれるんだ。がんばって!」

(数日後、テスト中)**********

「うっ、難しそうな文章題・・・。ダメだわ・・・、これは私には無理よ・・・。

ハッ!この考えがいけないんだったわ。

・・・よし、大丈夫だ・・・、私には解けるはずだ・・・、もう私は逃げないっ!怖がらないっ!こんなの余裕よっ!」

(テスト後)*************

「先生~!聞いてください!わたし、わたし・・・、できたんです!

今までできなかった関数が今回はほとんど解けました!」

「良かったな。君は分からないんじゃなく、見ようとしていなかっただけ。よく克服したね」

********************

「へ~、今菜野さん、良かったですね~。でも全然ホラーじゃないですよね、ってかハッピーエンドじゃないですか」

「いや、続きがあるんだ。点が上がって気を良くした彼女は友達と山にハイキングに行ってね」

「なんかそれ、前に聞いたような・・・」

「そしてそこで、なんと熊に出くわしてしまったんだ。
そのとき彼女は『怖くない、こんなの余裕』と果敢に前進して行ってね・・・。・・・で、結局、その熊に・・・。熊はヤバいって熊は・・・」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

タメになるホラー話②「ケアレスミスと言わない」

10夜連続!(18時更新)
昨日に続く「タメになるホラー話」の第2話どうぞ!

****************

A吉「x=4か・・・。う~ん・・・、いったい、どこで間違ったんだ?・・・あ、先生!おはようございます!」

先生「おはよう、A吉君!昨日言ったようにただ答を書くだけではなく、なぜそうなるかを考えてるな。その調子だぞ!」

B介「x=4かー、ハズしたー!見直しなんてパース!はい、次、つぎっと!」

先生「ゴルァァァァ!! 次の問題いく前に見直せよっ!お前、星になりたいのかぁぁぁ!」

B介「ひ~!すいません!今直しますっ!」

先生「全く・・・、何で答書いて終わりかなぁ。ちょっと目を離すとこれだ・・・。これからは気をつけ・・・ん?」

C子「x=4かー。なぁーんだ凡ミスかぁー。ん?またハズレた。なぁーんだ符号かぁー。ケアレスミスかぁー」

先生「お・・・おい、お前・・・。い・・・、今『ケアレスミス』って言ったな・・・」

C子「ええ、わたし、テストでもホントに多いんですよね~ケアレスミスが。自分でもヤになっちゃいます」

先生「言うな~っ!それを言うな~っ!その言葉が大変な災いをもたらすんだ・・・。ふ~、お前にピッタリの話をしてやろう。彼女はな・・・、ケアーレはな・・・、いい子だったのに・・・ううっ・・・俺の忠告を聞かなかったばっかりに・・・」

-------------------------------------------
タメになるホラー話
第2話「ケアーレ・スミス」


「センセ、見テクダサイ、コレ!」

「ん?おお、数学78点か。どこ間違ったの? あ~あ、ルート4は2にしないと・・・」

「ソウナンデスヨ!知ッテルノニ!私、ソンナノバッカリ!ケアレスミスサエナカッタラ、私96点デシタ!」

「ケアーレ、それが今の実力だよ。それに知っていて間違ったんじゃない。知らなかったから間違ったんだ

「ソンナ~、知ッテマスヨ!ルート4ガ2ニナルグライ・・・」

「いーや違う。本当に分かっている人はな、ルート4と書いて次に目を移した瞬間、何か違和感を抱くんだ。背中のあたりがザワッとね。例えば君は2/4を1/2に約分するのに気づかずにそのまま書くことがあるかな?」

「ソレハ、ナイデスネ。絶対気ヅキマス」

「だろ?ところが、分数を習いたての小学生は2/4と書いて間違える子が結構いるんだぞ。それと同じことだ」

「ジャア、ドウスレバ良イノデショウカ・・・。イツモ注意シテ見直シシテハイルノデスガ・・・」

今回の点数が不運によるものではなく今の自分の実力だとまずは認めなさい。そして、精度を高めるには『もっと注意しよう』ではなく『もっと練習しよう』と考えるようにすることだ。君は注意して2/4を1/2にするわけじゃないだろう?特訓すればそういうミスは必ず減るよ」

「ソウデスカ。私、ガンバリマス!イッパイ練習シテ次ハ良イ点取リマス!」

(数日後)**************

「先生サーン!私、トウトウヤリマシタ!今回ノ数学ノテスト、92点取ッタンデス!」

「おお、がんばったな~!」

「今回ハ塾ダケジャナク家デモイッパイ練習シマシタカラ!練習スレバ、ミスハ減ルンデスネ!」

「そう、その通り!分かってくれたか~」

「デモ、英語ガネ~。aガ抜ケテイタリstudiedヲstudyedニシテイタリ・・・ケアレスミスダラケデoh my godデス!」

*******************

C子「へ~、良い話じゃないですか!でもケアーレさん、最後にケアレスミスなんて言う辺り、相変わらずですね」

先生「そう、やはりそれが命取りになってしまった・・・」

C子「えっ?」

先生「点が上がった彼女はうれしくて友達と山にハイキングに行ったんだ。そして、途中つり橋を渡っているときに・・・足を踏み外してしまって・・・。友達によると彼女の最後の言葉は『橋カラ落チタノハ私ノケアレスミス・・・』だったそうだ・・・」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

タメになるホラー話①「きちんと理解する」

宮城も梅雨明け、夏真っ盛り!

こんな暑い日にはホラーで涼んではいかが?

ということで結構前に書いたものですが、加筆修正して、今日から10日間夕方午後6時に連続再アップしていきます。最後には新作も。乞うご期待!

*******************

「先生~、先生~!夏期講習始まりましたね!」

「おう!長丁場になるけど、ここを真剣にやり抜けば恐ろしいほど力がつくぞ。ところで、今日のところの予習は済ませてあるのか?」

「え?・・・えーっと・・・わかんないところは飛ばしてますが・・・」

「分からないのはしょうがない。どれ、見せて。・・・・・・ん?国語は記号しかやってないじゃないか!文章で答えるのは全部分からなかったというのか?」

「ハハハ・・・ちょっと・・・」

「いるんだよな~そういうやつ。少しは真剣に考えて何か書いてこいよ。ん??・・・こ、・・・これはっ!」

「え?どうしたんですか?」

「ここ・・・。X=2に、バツがついて横に赤ペンで3と書いてあるこれだよ。きちんと3になるかやったのか!

「あ、いえ・・・あの~・・・その~・・・」

「お前な・・・死ぬぞ。そうだ、あいつの話をしてやろう。あいつはな・・・俺の話を聞かなかったばっかりに・・・」

------------------------------------------------
タメになるホラー話・第1話
「秋尾 梅太(あきお うめた)」


「お、理科の勉強やっているな。・・・ん?おい、ここなんだけどさ・・・(解答欄に赤ペンで「イ」とあるところを指さして)」

「あ~ここ!分かんなくってハズしたんですよ~」

「分かんなかったのはしょうがない。それより何でイになるか検証したの?」

「えっ?あの~・・・」

答えに『イ』と書いてあったからそれを写しただけだろ」

「あ・・・ハイ・・・」

「や・・・やっぱり・・・、まずいぞ・・・こ、こ、このままでは・・・た、大変なコトに・・・」

「えっ?ど、どうしたんですか、急に。先生、具合が悪いんですか?」

「秋尾君、君のはただ答を書いただけ、空きを埋めただけなんだよ。それで何か勉強になったかい?」

「それは・・・」

「勉強というのはな、きちんと理解できたかどうかが重要なんだよ。赤で答えを書いたってなんの勉強にもなってないだろ!」

「あ、はい・・・」

「解答よりも解説を見ろっ!『何か』ではなく『なぜか』を知れっ!ハズれたところはもちろんだが、当たったところも本当に自分のやり方であってるのか確認するんだっ!・・・そ、そうしないとお前な・・・、た・・・大変なコトになるぞっ!見られてるんだからな!」

「わ・・・、分かりましたよ・・・。ちゃんと調べますよ・・・。(なんて大げさな・・・。見られてるって何に?)」

(翌日―梅太家)************

どれどれ、丸付けすっか。あら~今回もあちこちミスってんな~。

ここは『ア』か・・・。
(問題をチラッと見て)ふ~ん。何か字が多くてよく分かんねえなあ。とりあえずアとだけ書いとくか。

次の答えは・・・『イ』か。
つぎは・・・
あ!そういえば昨日、先生が「なぜ『イ』になるか考えろ」っていってたな・・・

う~ん・・・でもまあいいや、めんどくさ・・・
・・・・・・・・・
・・・・
・・・・うっ、な、なんだ!?
・・・息が・・・息が・・・ガハッ・・・

*****************

「・・・という話だ」

「すごい話ですね・・・そ、それで秋尾さんは・・・どうなってしまったんですか?」

「俺が駆けつけたときにはもう・・・。
彼はな、今ごろは星になってお前たちの勉強をしっかり見守っているよ。空きを埋めるだけの勉強ではなく、理解したかどうかを意識するんだぞ」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR