要確認!!

FROM:遠藤祐樹

前の記事と順番が前後しますが、10/9(土)のテスト対策の様子を。

この日は朝10時から夕方18時まで、各学校各学年で理社中心の対策授業を施しました。

テスト直前の増田中や一中は最終確認ということで、予想問題や過去問演習(教室に各学校の過去問をストックしてあります)。

もう少し時間に余裕のある二中は分かりづらい部分の解説が中心、などなど学校ごとでやり方は変わります。

*******************

この日、気になったのは中1の授業。

私は理科を担当する予定でした。

「テストももうすぐだし、過去問演習かな」と、範囲表を見てみると出題範囲が結構広い。

最初の方なんか、塾でも学校でも習ったのは相当前だ。

これは一度確認しておいた方が良さそうだということで、ホワイトボードに簡単な穴埋め問題を事前に用意し、まずはそれをやってもらうことに。

CIMG1888.jpg
(↑写真は答え合わせ後のもの)

授業開始時間が迫り、生徒が教室に入ってくる。

ホワイトボードに書かれたテストを見て、ある男子生徒が

「先生、これやるのー?」

「うん。まずやってみて」

「でも、先生これ範囲じゃないですよ」

「は?いやいや、全然範囲だから」

「えー?でも前これテストに出たやつじゃね?」

男子が隣の友人に聞くと、「えー…」とその生徒も自信なさげ。

「おいおい君ら大丈夫かよ!ここ範囲だよな?」

まじめな女子に尋ねると、コクンと首を縦に振りました。

「マジか…まったくやってないんだけど、どうしよう」

「だからテストで出してるんだろ!よし、早速やってみろ!」

CIMG1883.jpg

↑頭を抱え、必死に思い出そうとする男子。

…しかし、まあ。

テスト範囲もろくに確認せず、テストに臨もうとしていたとは…

君たち、今日来て本当によかったな!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR