内申点のはなし①

9/26(月)の続き

その後、女子3人には社会の授業を一からやることを約束して中2Aクラスの教室へ。

中に入ると生徒は半分ほど来ていますが全体的にややお疲れ気味。
前日の新人戦の影響なのかな?

(まあ無理もない。
でも、まもなく校内テストだからな…
ここは気を引き締めないと・・・)

*******************

とりあえず世間話から。

「最近、中3の面談でさ、志望校をどこにするかという話になるんだけどさ」

すると、生徒は気になる話題なのか一斉にこちらに目を向けました。

「たいがいの人は成績が伸びてるんだ。
だから昔は届かなかった目標校も、
現在は合格圏にまでなってきている。

ただね…ふぅ~~…」

ここで一度間を取り生徒たちの方を見る。
みんな話の続きを聞きたそう。

「アレだよアレ。内申点。

中1、中2の頃の内申点の悪さが最後に引っかかってくるの。せっかく合格圏まできたのにね。

試しに、次の高校を受ける人たちの平均評定知ってる?」

私はそう言ってホワイトボードに、二高、一高、三高…と高校名を書いていきました。

「ああ、試しにさ…え~と誰にするかな…
ハイ、最近の通信簿の数字教えて?」

目の前に座るある女子を指さすと、その子はブルブルと首を横に振りました。

「ハハ…みんなの前では言いたくない…か。
じゃあ…ハイ、お前だ」

今度は夏頃塾に入った明るくて活発な運動部男子を指名。
すると彼は期待通りに答えてくれました。
「いいですよ」

「よし!国語は?」
「3です」

「数学」
「3です(笑)」

「英語」
「3」

「社会」
「3…」

見事なまでに3が並ぶので辺りもクスクスし出しました。

(いいなあ、お前。恥ずかしげもなく堂々とね。
オレはそういうやつが大好きだ。
もし教師だったら絶対5をやるのに。)

で、一通り言わせた出てきた結果は、体育だけ5でほかはオール3。

私は微動だにせずに言いました。
「いやあ素晴らしい!
男はこうでなくてはいかんね。
でもこれからはアレだ。勉強も頑張っていこうな!」
「ハイッ!」

「さあ、ところで…だ。
この成績だと、全部足して9で割って平均を出すと…
3.22ということになる。これ、覚えといてね。

で、さっきの話に戻るけど…
ここにある信頼筋から入手した極秘データがある。

各高校、平均評定どのくらいの人が受けたか、
というやつなんだけどね」
(つづく)

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR