高校生と。<2>

9/13(火)
中3授業終了後の午後9時半―

私と遠藤は引き続き高校生の授業があります。

私は一高、三高の高1にプリントを渡して言いました。
「はい、ではまず単語テストからな」

すると4人とも、いや~・・・と言いながら引き笑い。

「なに?やってない?・・・相変わらずクズよのう」

CIMG1698.jpg

そのあとは日頃のストレス解消。言いたい放題。独壇場。

お前らさ、たかだか100個覚えんのに何週間かかってんだよ。

五橋の宮一の女の子なんかもう1,000番台まで進んでいるぞ。
同じ高1なのにこの開きは何だ。

前も言ったろう?
高校英語は学校とは別に自分で単語勉強をやんないとダメなんだって。

なぜかわかる?
中学はニューホライズンからしか出ないからそれだけやっとけばいいけどさ、

高校は全国いろんな教科書を採択してんだぞ?

それらをすべてカバーした問題なんて作れっこないんだ。

だから自分の学校の教科書以外もやんなきゃダメなの。

実際この前の進研模試はどうだったの?・・・ほらね。

そうやってさ・・・

ズルズル下がってさ・・・

結局は中堅どころで終わるんだ。

フッ、所詮お前らは指示待ち人間。庶民よのう・・・


私に好き放題言われたのが悔しかったのか、男子らは歯ぎしりしつつも苦笑いしています。

フフフ・・・なぜ笑う?

受験前によくやられた「工藤節」健在をうれしく思ったか?

ふぅ~しかし・・・・・・


ホントは言う方だってイヤなんだ。

オレって性格悪っ・・・と自己嫌悪になることもしばしば。

でもなあ・・・こうでも言わないとこのナマケモノは動かないからな。

これからも言い続けていかないとな・・・

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR