今日は日曜日②

<前回の続き>

昨日は台風の日の振替授業。
中学生の教室を見回ったのち、私は小学生の部屋に入りました。

後ろに座る小5、小6の女子↓は速読聴コースで来ています。

様子を見に近づくと…一生懸命、丁寧に作文を書いていました。

CIMG1550.jpg

いや~なんというか…マジメだなあ。

さっき怒鳴った中2男子にはこの子たちの姿勢を少しでも見習ってほしいもんだね(笑)

*****************

高1男子の振替授業に戻る。

彼が塾に復帰してから2カ月、ずっとセンター数ⅠAをやってきたので、はじめ2割しかできなかったのがいまは7割取れるまでになりました。高1で7割できるのはすごいことです。

でも詰めの甘さは相変わらず。
私はここぞとばかりにののしりました。

「数学は文字で割るときは細心の注意を!っていつも言ってるだろ」
「あっ…」
「ったく…アホだね~!」
「ハハ…(苦笑い)」

彼は根っからのナマケモノだからオゴらないように釘をさす。
でもナマケモノだから数学が解ける。う~ん…

CIMG1557.jpg

男子はいまだ考え中なのでまたほかの部屋へ出かけると…

手前の高3女子は化学、奥の同学年女子は数学の文章題プリントをやっていました。

先生も生徒も手が止まっていたのでその数学問題をのぞき込むと…

「おお、これは難しそうだな!」
「ですよね…なんでこんな問題…(ブツブツ)」

「いや~ワクワクしてきた!」
「えっ…?(女子2人、顔を見合わせる)」

「ちょ、ちょっと貸して?フムフム、フ~ン!へ~どうやるんだろう!ヤベッ、胸のドキドキが(笑)」
「……気持ち悪い」

CIMG1551.jpg

「キモい」ならまだしも、面と向かって「気持ち悪い」と言われるといささか不愉快です。

数学の問題を解いて教えたあとは、心の浄化を求めて再び小学生ルームへ。

中へ入ると、小3女子が「はい!」とまっすぐ右手を挙げていました。あらー、可愛いこと。

先生がヒントを教えると、その女子は甲高い声。
「あ!…じゃあ…(指を折って)…答えはひゃくだー!!!」

CIMG1555.jpg

ああ、もう、正解、正解、大正解。

どんな問題か知らんけどそれ当たり。

どうかお願い、そのまま真っすぐ育ってちょうだい!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR