授業で勉強のやり方を教える

今日の中3Sクラスの授業では、宮城の過去問(英語長文)を演習しました。

夏期講習ですでに全文法を教え終わっているので、できないことはありません。

CIMG1540.jpg

その中のある一問。
多くの生徒ができない問題がありました。

「私たちはそれらをこわがる必要はありません」を英語で書く問題。
(下から3行目)

CIMG1545.jpg

生徒たちの手元を見ると「こわがる」が書けないみたい。

(う〜ん…be afraid of を教えるのはカンタンだけど…

確か、あの問題集に載ってたかな…)

問題集をただ宿題に出すだけではなく、「宮城の過去問に出てるんだからさ!」と言ってやらせれば生徒もより集中してやってくれるかもしれない。

ということで、記憶を頼りにパラパラ問題集をめくると、ありました!
(2行目33番)

1547.jpg

そこで急遽、過去問は中断。
生徒にテキストを開くように言いました。

「ほら、このページのココ見て!同じ問題が載ってるぞ!

つまり今はできなくとも、俺がよく言う✖️を○を変える勉強を地道にやっていってさ、

入試当日までに○にひっくり返せた人だけがこの問題に正解できるんだ。

ああ、あれをやっといてよかった〜!とね」

生徒らの顔を見渡す。かなり説得力があったみたい(笑)

そこで再度、勉強のやり方を確認↓
「ではこの流れでやってくれ!」

CIMG1543.jpg

その後は生徒の勉強の様子をチェック↓

CIMG1544.jpg

言われた通りにやる生徒↓
素直でいいけど、この✖️の多さ…ボロッボロだな(笑)

CIMG1547 - コピー

その後、一つ一つポイントを解説。

最後に、✖️の多さにいささか落ち込んでいる生徒たちに向かって私は言いました。

「いいか!全部✖️だろうがまったく問題ない!
大事なのはこの後!
もう一回!二回!としつこくかかっていくんだぞ!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR