自習に来た生徒との会話①

世間的にはまだお盆休みですが、塾は今日から再開。

午後、中1から高校生まで何人か自習に見えました。

しっかし…、こうやってマジメに勉強しに来るのは女子ばかりだな。

CIMG1414.jpg

私の右隣で勉強していた中3集団Sクラスの女子に何をしているのか聞いたら、夏期講習の宿題とのこと。

私は休み前、テキストの空いてるところを埋めて、明日までに提出とクラスに厳命していました。

そこで偉いね~と褒めると、「数学全然わかんない…」との返答。

「出た出た…、『全然』って言うなよ。ところどころ当たってるじゃん」
「いや~全然だめです…」
「そんなことないよ、ここは難しいところだから上出来さ。…つーか、どうして女子はいっつも『全然』っていうかなあ…」

CIMG1406.jpg

教えても教えても「全然」分からないと言われると少々つらいものがあります(笑)

でも…まあしょうがない、ここは解説だ。

そのうち、女子がポツポツ語り始めました。

・家だと集中してやれないから塾に来た

→そっか、どんどん利用して!

・自分は夏休み中も毎日午後まで吹奏楽をやっていたからみんなに勉強量で後れを取っている

→まあ、それは確かに。まさにアリとキリギリスの話だな(笑)

・8月模試も自己採点をしたら7月と得点が変わっていなかった

→今月はしょうがないよ。大きく下がらなかっただけ良しとしよう。

・みんなに追いつくためには、私はもっとやらないといけない

→立派だね!その調子でがんばろう!

*****************

席に戻って思いました。
あの子はまさに「女子あるある」の典型だなと。

分からないところが出てくると「全然わかんない」と軽くパニックになり、

先行きの不安を感じて悲観的になり、

やがてそれが「このままでは…」と危機感に変わり、

モーレツに勉強に励む。

これが男子だと大概逆さまになります。

分からないところが出てきてもほったらかし、

何とかなるさと楽観的で、

危機感ゼロ。テメーコノヤロー!と親や先生に怒鳴られてようやく、

モーレツに勉強に励む。


ふぅ…、どれ、今日も怒鳴り散らすか…

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR