社会の勉強法

中3、社会を知らなさすぎるので勉強法を伝えました。

「問題集を解くだけでは足りないよ。

幕府が政権を返上したことを何というか⇒大政奉還

これが当たったからといって社会ができるようにはならないの。

こういう1:1の横の勉強をしている人は多いけど、縦の勉強はしている?

例えばそうだなあ、幕末、ペリー来航から大政奉還までの流れを一通り話せるかい?

これができて初めて社会ができたということになる。

さあ、ちょっとノートにストーリーを書いてみよう!」

5分後―

生徒らの手元を見て回るとまあヒドいヒドい。

何も書いてない人がいる、
文明開化とか出島ができたとある、
日米修好通商条約が抜けている、、、

「やっぱりそうか~、みんな縦の勉強がなっていない。

語句ばかり知っていても、縄文時代から戦後まで、全ての項目を古い順に並べられるぐらいじゃないと高得点は取れないよ。

よ~し、じゃあ今日から3日間は歴史を一から洗い直そうか」

ということで生徒らが歓声を上げる中、急遽始まった歴史の授業。

まずは私がお題を提示します。

「○○時代から○○時代に起こった出来事を古い順に並べて。シンキングタイムは5分。はじめ!」

生徒、必死に思い出し中↓

CIMG1327.jpg

その後、私が起こったことを順にホワイトボードに並べていきます。

出来るだけ脳に入りやすいように、喜怒哀楽を交えた寸劇でレクチャー。

話の後、生徒は自分の考えと正解を照らし合わせて紙にまとめます。

CIMG1325.jpg

ちなみにこの紙はこちらから渡したコピー用紙です。

ノートには書かせません。理由は・・・

CIMG1324.jpg

書き写しておしまいでは何の意味もないから。

ノートではパタンと閉じられたら以後目に触れることはありません。

「だからいつまでたっても覚えられないんだ。
せっかくまとめたものは常に目に入ってくるように工夫しないと!」

CIMG1326.jpg

紙だと、書いた後に部屋の壁とか洗面所に貼れます。

「そうして貼ったら来る日も来る日も眺められるでしょ。

例えば朝晩の歯磨きタイム。朝3分、夜3分に見ることを10日繰り返してさ、それでも覚えられないという人がいたらよほどのバカに違いない。

いいかい?やるかやらないか。

やれば必ず覚えられる。やるんだ!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR