日曜日の続き

日曜日の夜、中2の振替授業で英数のプリントをバンバン解かせているところ↓

CIMG0999.jpg

次第にお疲れの様子に見える。
こういうときは少し手を休めて話を聞く方に回らせた方がいい。

そこで生徒のみんなに「学校で理科と社会はどこまで習ったの?」と聞くと、ある人が「社会は…」とつぶやいたのを契機に話に火がつき、クラスは一気にヒートアップ。

A子「社会、全然分からないよね!」
B太「この一か月、ウチのクラスほとんど進んでないよ」
C美「ウチもだよ、ほとんど無駄話ばっかりでさ!」

話を聞いているとだんだん中身が先生の文句になってきているので私は慌てて止めました。
「ちょっとちょっと…(笑)、まったく進んでないってこたぁないだろ」

「え?ホントに数ページしか進んでないですよ」
「そうそう!」

「1か月以上も経つのに?」

「うん、まだ10ページも」
「だってほとんど無駄話ばかりだもん」

「そういう言い方ヤメ…(笑) 無駄話とはいってもちゃんと社会に関係してることとか、勉強の姿勢とか心構えとか、そういうやつでしょ?」

「違うよ!だってプライベートの話だもん」
「そう!この前どこに行ったとか、そんなのばっかり」

「へぇ~……まあ、つかみでそういう話をすることもあるけど…」

「つかみじゃないよ!だってその話が30分は続くもん」
「しかも・・・(ピーッ)・・・だし」

とてもここには書けない禁止用語まで登場。
さらにクラスのざわめきが高まったところで私はまた制止しました。「まあ、まあ、まあ…落ち着いて」

その後聞き取り調査すると、かろうじて習ったのは歴史のルネサンス、宗教改革、大航海時代と、中世の世界史であることが判明。

じゃあということで、その辺りを含んだプリントを1枚、人数分用意してやらせることにしました。

(なんだかんだ言っても、一応この基本用語プリントぐらいはできんだろ。先生も一度さらっと内容を教えたからこそ、世間話もできるワケで…)

そう思いながら生徒間を回ると……まあ、できない、できない…。

「ちょっとぉ…キリスト教も書けないの?」
「なんでイスラム教作った人がシャカなんだよ…」
「お前…ザビエルしか書いてないじゃん!」

とヒドい有り様。すると生徒らはまた「だってぇー・・・」と口をとがらせて先生のことを…

「分かった分かった!じゃあプリントやめ!
よぉし、こうなったら、世界一分かりやすい解説をしようじゃないの!
じゃあ、初めからいくぞ!
キリストが生まれたのは何年?はい、あなた」

A「・・・え?1500年くらい?」
B「違うよ、もっと古いよ(笑) 大体700年ぐらいじゃない?」
C「ハハハ、もっとだよ!300年ごろ」

「お…お前らねぇ……西暦って知ってる?」

そこから宗教の歴史、改革、などの教科書に書いてあるものから、魔女狩り、処刑方法など生徒の気を引きそうな無駄話まで1時間くらい講義。

ふ~…今日一日はメッチャタメになったろうな。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR