宿題のルール②

<前回の続き>

「今一人ひとり見て行ったら、『宿題をやりました』と一口に言っても、いろんなパターンがあったな。

CIMG0912_20160415003502d87.jpg

例えばこのAのパターン。
答えだけ赤で書いてあるんだ。

こういう人に、これは?と聞くと大体が「わかりませんでした」と言う。

う~ん…こういう人はなんなんだろう。

これを並べて「宿題をやった」と言う?

この人はきっとね、宿題はとりあえず最後まで仕上げることが大事だ。

難しいところは赤で書いちゃって、もし先生にツッコまれたら「だって分からなかったんだもん」と答えればいいや…なんて思ってるんだろうね」

ここで教室内をぐるっと見回す。
二人ほど集中力が切れているも、ほかは真剣なまなざし。こちらも負けないようにさらに目に力をこめる。

「まったくね…これじゃ意味がないだろう?

赤で全部写すんだったら、Cのように白紙の方がまだマシだよ。

だって、いつかテスト前の時間あるときにでも、新鮮な気持ちでここをやれるだろう?赤で答えが書いてあったら、やる気が失せるじゃないか。

もう一度言うけどね、
学校だったら、マル写しでもなんでもやって仕上げて提出してちょうだい。

あちらは、やってあれば「良くできました」
やってなければ「しっかりやりましょう」なんだからさ。

でもここでの授業はそうはいかないぞ。

ロクに考えもせずに、一応仕上げましたなんてのは大嫌い。
意味がないことをするんじゃない。

例えばこの問題が分からないのだったら、解説をよく読んだり、早く塾に来て先生に質問したり、親とか知っている人に尋ねたりしてやり方を知り、

そしてやり方が分かったら、この辺を固めておこうと似たような問題をたくさん解く。

そういうことに忙しくて、残りの宿題をやれませんでした、でもテスト前までにはやっておきます!なんて人がいたら、それは大変素晴らしいと思うんだけどなあ。そうは思わないか?」

再度室内を見渡すと、青ジャージを着て並んで座っている二人の女子がコクリとうなずきました。
ほう、あの子らはすぐに伸びそうだ。

「そういうコトで言うと、このB。

CIMG0912_20160415003502d87.jpg

よくやってきたけど、残念!
ハズれて赤で答えを書いた。

これはAよりはいいけどまだ不足だな。

ちゃんと検証したのかな?ただ答えを書いただけじゃない?

さっきも言ったけど答えを書くなんてまるで意味がないんだよ。

ということで、このDだ。

Bと同じやり方で間違っているけど赤ペンの入れ方が違うね。答えじゃなく間違ったところに入れているから。

なぜミスったのか、次はどうすればいいのかとよく考えているこの人はねぇ、言っとくけど、このあとグングン伸びるよ。ぶっちぎりさ。

みんなもこれからはね、

答えがどうだったかとかはどうでもいい。

それより、なぜだろう、どうしてだろうを突き詰めて勉強をやってもらいたいね。では今日の授業始めるよ!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR