スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題のルール①

「さあて、みんなの宿題をチェックしていきますね」

今週の月曜日、私は新しく受け持つ中2Aクラスの宿題をチェックしていきました。

このクラスには問題集の解答を渡しています。
マルつけまでしてくること!という約束になっているからです。

しかしある程度学力が伴っていないと、解答配布をチャンスと見て、「マルつけ」じゃなく「マル写し」をされるから宿題チェックは慎重にやらないといけません。

結果は・・・

A.きちんとやってある⇒6割
B.やってあるがマルつけがされていない⇒3割
C.半端、やってきていない⇒1割

という具合でした。

私は前に戻って生徒の方を向いて言いました。

「はい、今みんなの宿題見たけどね、
やってないのは3人いた。
おい、○○君、キミは何でやってないの?」

急に振られた最前列に座る男子は、一瞬ギクリとするも、ハッキリした声で言いました。「サボってしまいました」

「ほ~う!言い訳を一切言わずにサボったと」
「…は、はい…」

「いや~男らしいね!よく言った!
オレは先週言ったな、宿題はやんなくてもかまわないって。

ただし、ただのサボりはダメとも言ったな。
歴史の年表作ってました、数学の文章題が苦手でそっちの研究をやってました、部活が大会前でヘトヘトで…など正当な理由があるなら、出された宿題はやんなくてもいい。
だけど、アナタにはそれがないのね?」

もう一度確認すると、男子は肚を決めたようで「…はい」と答えました。そんなに簡単に肚をくくんないでほしいんだけどなぁ…

私は急に険しい顔つきになり
「よし、それなら…」
と言って指の関節をバキボキ鳴らしました。

「キミは車でお迎えか?」
「はい」

「じゃあ、8時の休憩中に家に電話するんだ。
10時半に迎えに来てとな。その時間なら終わるだろう」
「えっ」

「なあに、サボっても今日中にやり切ればいいのさ。
約束は約束だからな、守ってもらう」
「あ…はい」

**********************

私はまた生徒の方を向き強い口調で言いました。

「次に、宿題をやったけどマルつけしてない人ッ!
これも最悪だ!
どうして当たったかどうか確かめないんだ!
それではまったく意味がないだろう。埋めれば終わりなのか?
以後絶対にやるように!」

室内が急にピリッとなったように感じる。
いいねぇ、いいねぇ、楽しいなあ!

「あとは、宿題をやった人ッ!
よく頑張ったけどね、、、半分の人はダメだ!
まったくやり方がなってない!
例えばね…!」

私はペンを取りホワイトボードに向かいました。(つづく)

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。