内申のはなし

うれしいお手紙の話をしてきましたが、もう一人、柳生中卒の女子からもお手紙が来てました。

もしこちらをご覧なら…ということでお礼を言っておきます。
涙が出るほど感激でした。ありがとー!

**********************

中3Aクラス
CIMG0904.jpg

中3Bクラス
CIMG0905.jpg

**********************

さて、先週から始まった新学年の授業。

まずは手始めに、春休み前にもらった学年通信簿、アレの結果はどうだった?とクラスに尋ねると、

「過去サイコーだった!」と満足げな人もいれば、

「体育はどうしても3になる」
「先生は女子ばかりひいきしてずるい」
など、お決まりの文句も聞かれました。

(ふうむ、ここは一つ、もう一度話しておいた方が良さそうだ…)

私は内申が入試にどのように使われるか話し始めました。

「例えばね、

543543543


という人がいたとする。この人の平均評定は全部足して9で割って…4.0ということになる。

これは何に使われるかというと…

前期試験を受ける資格だな。

これは、二高なら4.8!以上、

二華で4.7、向山とか南でも4.4とか、4.3とかね、、、このぐらい持っている人でないとその学校は受けられない。高い高い!

だからこの表の人はそうだな~…

4.0だから名取北ならギリギリ受けられるかなあ」

こう言ってチラッと生徒らの表情を観察すると、平均評定の低い男子連中が苦笑い。

中3Sクラス
CIMG0909.jpg

「ちなみに、仙台一高はだれでも受けるがよい!と、条件などは設けずに太っ腹な学校だけどさ、この表の人はまず受かんないね。

なぜならこの内申点は、入試でも使うから。

一高を受ける人は普通は評定が4.7とか4.8とかある。だからこの人では太刀打ちできないな。

ちなみに入試では、このように国数英以外の科目は全部2倍になる。

5435⇒104⇒83⇒65⇒104⇒83⇒6

だからこの音楽とか体育の3なんかは痛いね。2倍にしても6にしかなんないから」

方々でため息が聞こえてくる中、話をつづけました。

「ということで、内申が足りない人は後期試験にかけるのが普通だ。

後期試験は5教科のテスト500点満点と、内申点の相関図で比べられる。

ちなみに、ここでの内申点は、5教科以外の実技が2倍。このようになる。

543543⇒65⇒104⇒83⇒6

この人だと実技に二つ3があるから…平均評定は4.0を切ることになるね。イタタタ…

だから、Aのように偏差値が70ありながら平均評定が3点台ではねぇ…ちょっとマズいぞ。もっと真面目に歌を歌わないと」

A君に視線を向けると、彼は苦笑いして「歌ってます」と一言。

「じゃあなんで3になるの?」

「さあ、分かりません(笑)」

「笑い事じゃないんだけどなぁ」

う~ん…これは大事な話だから、中1、中2にも早めに言っとかないとな…。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR