ことば知らず5

昨日の夕方、前回のブログで書いた「絶体絶命救出大作戦!」のポスターを印刷して教室や廊下に掲示していくと、それを見た中3女子らが、
「誰が書いたのこれ?塾長?」
「ホント、この塾ふざけてるね~」
「こんな塾、ほかにないって」
とため息交じりに話すのが聞こえてきたのでその場からスッと姿を消す。ふぅ…あぶない。

授業に来た中2女子には直接言われました。
「ウチのお母さん言ってたよ。。塾長はあまりに疲れて気が変になったんじゃないかって」

ふっ、そーゆー意見かい…

私はクラス全体に向かって言いました。
「とにかく!
2月になったら今度は学年末テストの勉強が始まる。
だから過去の抜けを埋めるのは今しかない!」

すると、テキストを渡された女子が、
「『ことばの達人』、『ことばの名人』…って、なんか私、よっぽどことばを知らないおバカさんみたいじゃない?」
と言うので、私は言いました。

「じゃあ聞くけどね。

例えば、遠足で1000円までおやつを買っていいよと言われてコンビニに行ったとする。

そしてあれも食べたい、これもいいなとお菓子を取ってレジに行ったら、1200円ですと言われた。

はい、そういうときなんて言う?

「あ~あ、足が○○○」

はい、答えて」

手前に座る女子に聞くと、しばらく考えて言いました。

「足が…すくむ」

「ほらね、全然違うから!
だいたい、なんで1200円ぽっちに足がすくむんだよっ!
はい、隣!」

常に校内ベストテン入りしている女子はギクリとして言いました。
「足が…縮む」

「バカ!1200円って言われてなんで短足なるんだよ!
予算オーバーのことを足がなんて言うのさ!」

クラス全体が大笑いも、答える人はいない…

「ひどすぎる……

こういうときはね、あ~あ足が出ちゃったなあって言うんだよ」

すると、言わない言わないの大合唱。

「ふう、オレはもうちょっと知的な人と会話したいなぁ…

図形の証明ができても英語が話せても、足が出るを知らない人間ってどうなの?

お前は将来とんでもない恥をかくんだぞ。

例えば将来奥さんになって子ども会の経理を担当したとする。

そしてほかの奥さんに言われるんだ。

あ、○○さんの奥さん、これだと足が出るみたいだわ。
調整お願いしていいかしら?

そのときお前はどうだ。

え?足が出る?何言ってんのこの奥さん…
って意味が分からなかったら仕事になんないだろ。

そしてほかの奥様方にやがて陰口を言われるんだ。

○○さんの奥さん…ちょっと頭がアレだから、それのお願いは無理よ…
そうよね…ちょっとアレだもんね…

な?悔しいだろ?」

周りは大ウケ。
そんな中、その女子は私に小声で言いました。

「先生、私もそれ(ことばの達人)…ほしいです…」

よし、一か月で終わらすんだぞ。頑張れよ!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR