絶対に終わらせないといけない24時①

昨日は小学生の模擬試験。

CIMG0389.jpg

そして今日は中3の宮模試。これで最後です。

なのに、こんな日に遅刻してくるやつがいる。
毎度おなじみのあの男子。
私は気合を入れるべく、一発ビンタしました。心が痛い。

CIMG0391.jpg

お昼頃、一高を受ける中3男子のお父さんがお弁当を持って登場。
「今日、模試後遅くまでやるんですよね。ご飯を持たせなかったもので…」

「ああ、そうですね。
一高を受けるほかの男子は全員冬期講習の宿題を終わらせているんですが…
いやあ、あの子は滅茶苦茶才能あるのにやらない(笑)」

「ホントに困ったもんですね(笑)
なんでやらないのかな・・・?」

「まあ、ほかにもナマケモノはいますが・・・

無題

やらない人に何を言ってもダメなんで、無理にでもやらせるしかありません。
今日、明日と夜までそのために教室を開けるんで・・・
まあ・・・やらせます(笑)」

「ええ、一つお願いします」

CIMG0392.jpg

模試後、中3がぞろぞろ帰る中、複数の生徒が空いている席に座ってすぐに解答チェックを開始。

CIMG0393.jpg

いわゆる自己採点。キミたち偉いね。

CIMG0394.jpg

少し経って、私は教室全員に聞こえるように大声で言いました。

「さあ、そろそろ本日のメインイベント!
『絶対に終わらせないといけない24時』の始まりだ!
一切の妥協ナシ!
終わらないものには死あるのみ(ラオウ風に)!
さあ始めいッ!」

CIMG0404.jpg

CIMG0405.jpg

午後3時50分―
中1、中2がやってきました。
このあと4時から模試が始まります。

CIMG0403.jpg

「今回の模試、1位を取ったらお年玉をやるぞ。がんばれよ」

早めに教室に来ていたお金大好き中2女子に声をかけると、その子は頑張りますと言った後、私を見て言いました。
「先生、何か・・・疲れてない?」
「フフ・・・よく分かるね」

CIMG0402.jpg

午後6時―
「先生終わりました!」
「どれ見せてみろ」
(森君撮影↓)
CIMG0398.jpg

「よし、合格。帰っていいぞ」

CIMG0401.jpg

と・・・こんな感じで初日の夜は更けてゆくのであった・・・(バタッ)

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR