私立の過去問

私立高校の過去問を買ったはいいけど、なかなか進んでいなかった人もいるかと。

そこで、私立の問題の進め方についてお話します。

******************

まず、過去問を何のためにやるかと言えば、それは出題傾向を把握するためです。

例えば英語だと(  )の穴埋めや並び替えなどの文法問題がよく出ます。
これらは公立入試ではほとんどないシロモノ。

へ~こうゆうのが出るんだぁというのを事前に知っておけば当日慌てなくて済みますね。

では、過去問はいつどのぐらいやればいいのか。

まず、分量は3年分で十分です。

私立入試まであと約3週間あるので、1週間に一つ終える感じで進めると良いと思います。

あと、始めるときは試験時間を測ってくださいね。

私立入試は、数学は難しいし、英語は知らない単語が出るし…ということで、思ったよりも時間がかかります。

早く解き、どこかで見切りをつけて次に進める…そういう練習も過去問を通してやっておいてください。

最後に、私立では習っていないのが出題されることがあります。

例えばhelp+人+原型不定詞とか、一次関数の2直線垂直条件とか・・・。

しかし問題を解く方からすると、それがすでに習ったものなのかまだ習っていないものなのかを判別するのは難しいですね。

ということで、分からないところがあったら早めに見切りをつけて解答を見てください。

そこまで覚える必要があるのかどうか悩んだら・・・、先生に相談するのが一番。いつでも質問を待っています。ではがんばって!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR