『恐怖へのカウントダウン…』

1/7

「お?なんだ、偉いじゃないか」

中3授業の5分前。

教室に入ると、ナマケモノ筆頭のK田がせっせと問題集を解いている姿が目に入りました。

ふ~ん、やはり前日に作った「絶対に終わらせないといけない24時!」の張り紙が効いたな。

連日朝から晩まで教え続けて正直倒れそうだけど…どうやら工夫の甲斐があったようだ。

私はK田の背中にポンと手をやり満足げに言いました。
「フフフ、いくらナマケモノでも、さすがに命は惜しいか」

すると取り巻きの男子らが次々に口をとがらせて言いました。

「先生!こいつクズっすよ」
「そう、全部答えの丸写しです」
「そして赤ペンでマルつけてます」

「なにっ!?」
急いでK田の顔を見る。K田は特に否定せず、バレたかという表情でニコニコ…。

続いてテキストに目を移すと、やはり何も考えた跡がなく答えだけが書かれているのが見えました。

「お前…ホントにどうしようもない奴だな…」

両の手の関節をバキバキと鳴らしてK田の胸元をつかむと、取り巻き男子らは目を輝かせて言いました。

「先生、どうするんですか?(ワクワク)」
「これはいただけないですよね、先生(ワクワク)」

フッ、こいつら…。お前らもやってないことには変わりないのに…

私は前に行ってクラス全体に言いました。

「とにかくっ!

あの紙に書いてあるように、10,11の二日間、朝から夜10時まで教室開けるから終わってない奴は強制連行だぞ!

そしてっ!

K田みたいな反則を封じるために、提出されたテキストの適当なところをその場で尋ねる。

もし答えられなかったらっ!

答えを写したものとみなす!いいねっ!」

教室にピシッと緊張感が走ったように見えました。

「あ~あ、なんで講習が終わった後の連休まで俺が出てきてやんなきゃなんないんだよっ!」

CIMG0372.jpg

***************

生徒諸君へ

もう一度言っておきます。

1/9の講習最終日に全員のテキストをチェックします。

もし終わっていない人がいたら…

10,11日の模試後に教室に残って、テキストを終えるまでやってもらいます。

丸写しは見ればわかります。

そんな人はいないと思うけど、、、

もしそういう人がいたら、、、

生きては帰れないでしょう。。。

では、Good Luck!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR