スポ根の果てに…

久々のブログ。
前回のように、集中して一気に3本立てを書くときもあれば、バイオリズムが不調のときもあるワケで…その辺は勉強と似ていますね。ではボチボチ。

*************************

前回のブログで紹介した通り、生徒らの求めるまま延々と宮城の前期入試の類題を出し続けた結果、時刻は夜10時半に。

CIMG0147.jpg

10問目、これが正真正銘、最後の問題だ。
当たろうが当たるまいが今日はこれで終わり。さあ、解いてみろ!とやって10分後、

カメラに気付いてピースサインをする男子らに一通り聞くも当たりは無し。女子もハズレ。

「ふう、最後も全滅だったか…世界一分かりやすい解説のハズなんだけどなぁ」

苦笑いの生徒らを前に大きくため息をつき、

「やっぱりこんな難しいのは捨て去って簡単なところをやった方がいいのかねぇ…」

そう言って生徒らの方をちらっと観察すると、気骨のある男子らが一瞬ムッとした表情を見せました。

「これは一高二高に受かるやつだってそうそうは解けないんだよ。それをこんな時間までねぇ…」

そう言ってまた生徒らを探ると、一人の男子が「う~っ」と悶えてダメを承知で「先生、もう一回!」と言いました。

フッ、そうだ、よく言った。
自分にはこの問題は無理だな…
だからカンタンなところで点を集めよう…
なんて思想は最後でいい。

頭を使って砕け散って、
また考えて跳ね返され、、、
そうやって脳ミソは鍛えられていくんだ。

考えてみれば、今日はこの図形1問にもう3時間は使った。

テストで良い点を取ること、入試に合格することを考えたら、たった1問に3時間なんて、非効率的極まりない時間の使い方だ。

でも・・・

これがいい。

なぜか?

生徒らのこの顔!

悔しくて耳まで赤い生徒、
おかしいなと言って真っ黒になったノートを何度も見返す生徒、
頭を抱えてまたペンを走らせる生徒…。

みんな、勉強に「夢中」になっている。

こんな時間まで誰に言われてやっているのではない。

いや、さっきから「先生もう一回!」と言われやらされているのは私の方。

そうやって自ら勉強をやりだすようになったら、、、

そしてこの訓練で多少なりとも鍛えられた脳ミソがあれば、、、

この先はもう十分自分たちの力でやっていけるだろう。

「いや、もう一回はない。今日はこれで終わりだ。
次の授業でまたやるから!がんばろう!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR