集中力が出てきたね

昨日の模様。

中3特進クラス↓
このときは、国語の作文演習をやっていました。

CIMG0053.jpg

次の模試では作文も入ってきます。
10分で200字というのは簡単な人には簡単ですが、できない人は時間内に終えられないので何回か訓練が必要です。

昨日の題材は宮城県の過去問からで、あなたにとって「大切な時間」は何か書きなさいという問題。

開始から10分後、「ハイやめ!鉛筆をおいて!」と言って、最低字数160字に達している人を確認すると…

ほうら3割ほどは終わっていない。。。

私はクラス全体に向かってもう一度言いました。
「だから言ったろ、名文でなくてもいいって。
どんな駄文でもいいからさ、字数だけは絶対クリアしてちょうだい!」

そしていつも何をやらせてもペンが進まないK田君の原稿用紙を見ると…ヒドい…

「はぁぁぁぁ~お前……たったの2行かよ……それはねえだろ~~。んで?なんて書いたの?

え~……私にとって、大切にする時間は…家族と一緒に過ごす時間だと思いました…(終了)

…ハイ、お・し・ま・いってか、10分でこれかよ!小学生よりヒデ~な!

しかし家族と一緒に過ごす時間ねぇ……お母さんに見せたいね。

いつもお前の行く末を案じているあのお母さんがこれを見たら…ホロッとくるかなぁ。

まぁ、あの子ったら…と感動の涙を流すのか、たったのこれっぽっちに情けなくて涙するのか…(笑)」

***********************

中3標準クラスの中をのぞくと、みんな同じ姿勢で数学の「相似な図形」の問題に取り組んでいました。

CIMG0050.jpg

CIMG0051.jpg

私が教室に入ってきてもキョロキョロすることなくじっと問題に集中していてさすが中3だね。

こういうのはまだ中2以下にはないなあ。

***********************

中3基礎クラスでは、次の校内テストに向けて教科書の英文と和訳をまとめていました。

こちらも後ろを振り返る人はナシ。集中してきたね。

CIMG0052.jpg

この教室の入り口に、不世出の天才、米長永世棋聖の名言を貼りつけています。

「自分の頭で考えたかどうかが重要なのです」

CIMG0055.jpg

そして私が大好きな一節に赤ペンで線を入れています。

CIMG0056.jpg

次回はこの話を。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR