遅くまで頑張る人々

月曜日、中2の授業後、ほかのクラスに行くと居残り指導が行われていました。

DSCF2692.jpg

遠藤先生はまもなく校内テストがある閖上中の二人に、理科の出題範囲から血液の流れを指導。

DSCF2691.jpg

加藤先生は、授業内で関数が分からなかった生徒にマンツーマンでやり方を指導。

DSCF2693.jpg

個別の方をのぞくと・・・おお、みんな帰ったと思ってたのに。

あの子は、最近入った仙台西高の生徒で割と意欲的だった。及川先生も熱が入ってるなあ。

DSCF2690.jpg

しかし、一人ひとりには丁寧に教える彼らも、まだまだなってないところがある。

火曜日。
私は講師ミーティングで気になっていたことを担当らに言いました。

「あなたたちが一生懸命解説しているのに、
聞く態度がなっていない生徒がいる。

椅子に浅く腰掛けて、足を投げ出し・・・、
果ては解説中に飲み物を飲んだり、
(演習中は認めている)

あなたたちが話している間に、
ペンをクネクネこねくり回す。

あのさ、そんなん見て腹立たないの?

自分が一生懸命話しているのに、
かったり~と言わんばかりのアイツらの姿を見て何とも思わないワケ?どうなの!」

「・・・いや、腹立ちます」

「んじゃあ注意しろよ。
オレのクラスだったら、机に突っ伏してペン回してる奴がいたらケツを蹴とばしてるぞ。

軽微なところから直していかないと成績だって上がんねえんだよ。やれ!」

***********************

その日、私は自分の特進クラスの演習中に、ほかのクラスの様子を見に行きました。

前の方に座る中3女子に先生が丁寧に説明していましたが、後ろに座るいつも姿勢の悪い男子は例のごとく足を投げ出し、背は丸くなっています。

私は部屋に入って、男子の背中に回り、彼を両手で抱っこして持ち上げ言いました。
「ほら、お前、また姿勢が悪いッ!」

彼はくるっと振り向いて何を突然といった表情。

「お前、『偏差値は姿勢から』ってことわざを知らんのか?」
「・・・知りません」
「フフ、有名なことわざだよ。覚えとけ」

***********************

この日の授業後、午後10時。

私が出した図形の宿題を残って真剣に考えている集団が。
あいつらはいつもいつも・・・頑張るね。

DSCF2697.jpg

ほかのところには標準クラスの二人。

プリントは書いては消し、書いては消した跡でかなり傷んでいます。

私は二人に近づいて声をかけました。
「ほう、2次関数の応用だな?」

DSCF2694.jpg

「はい、真田先生からの宿題で」
「なんか、複雑そうだな。教えてやろうか?」

「いや、もうちょっと待ってください!」
「ほう、いいね、その心意気だ」

15分後、さっきの集団に戻るとまだ考慮中。

問題を見ると、、、これはさすがに閃かないかな。
「ちょっとだけな、ここにこう補助線を引いてこの2つの相似を使えば・・・」

この瞬間に、「ああ!」と男子。いいねえ、その叫び。

DSCF2698.jpg

席に着くと、さっきまで考えていた標準クラスの二人が帰り支度。「どうした?あきらめた?」

私の質問に、ああ、はい・・・と二人。

「さっきの貸せ。ええ~と、方針だけな。ここにこう線を引いて・・・」

「ああ、なるほど!」
「先生、一瞬で分かったんですか?」

「そりゃあな。これは何百問解いたか・・・。
方針は分かったろ?でも答えまでは遠いぞ。家に帰ったらすぐやるんだ」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR