中2-Sクラスの授業内容

中2-Sクラスの授業は毎回ボリューム満点です。

午後、私は教室に到着するとすぐに、今日の授業の献立を作り、さらに部活から疲れてやってくる生徒を飽きさせない流れを考えます。

そうやって毎回授業準備に1時間ほどかけているのですが、今回はその内容を↓

DSCF2689.jpg

ホワイトボードの隅に、前回の宿題を書いています。

DSCF2686.jpg

英語は、問題集2ページ、長文読解2話、教科書の書き取り&和訳があり、

数学は、計算1枚、問題集3ページと関数の応用プリント(今日も1/3の人しかできていない・・・また作らなきゃ・・・)

国語は、漢字2,3ページと、長文読解1話。

これを先週金曜日に出して本日までだから、これは土日の家庭学習メニューとなります。

先週、「じゃあ月曜までの宿題ね」と優しく言ってこれを書いたら女子生徒らから多い多いとクレームが来ました。

一般に中2の二学期から勉強内容が難しくなると言われています(一次関数とか接続詞を使った長い分とか)。

ここでダメになるとあとからの巻き返しが大変。だからこそ今頑張らないと・・・というワケなのですが、そんなことを生徒に言っても伝わらない。

そこでこちらも優しーく懐柔しにかかります。

「でも、一つのテキストをドバっとやるんじゃんくて、いろんなものを小出しにしているから、そんなにメンド臭くはないよ(そのように狙って出している)」

「確かに多く見えるけど、一つが20分くらいだから全部で2時間半ぐらいじゃないかな」

ふう・・・

***********************

授業内容はこちら↓

宿題の解説、数学の問題、英数の小テスト、リスニング、など、一つ15分~20分で8回転ぐらいします。

DSCF2688.jpg

こうしたのはもちろんいろいろ詰め込みたいからです。

それともう一つ。
繰り返しですが、彼らは部活帰りで疲れている。
よって視点を次々変えるワケです。これでも授業の前半は方々であくびを連発されますが。。。

ちなみに横の英文は、授業前半と後半の間の休憩時間に書いたもの。後半の授業で使います。

10分という生徒らの短い休憩時間の間にも、こっちは休まずにこうして授業時間短縮のための工夫をしています。ああ、だれか涙ぐましいねと言ってくれないかな・・・

***********************

そしてホワイトボード下には、次回金曜日までの宿題をメモ。

DSCF2687.jpg

この日も前回と同じくらいの量を出しています。

最近は、ほとんどみんな良くやってきてくれるのでこちらも授業が進めやすい。引き続き頑張ってね!

※中2-A、Bクラスの授業は後日講師ブログにて

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR