小学生&小論文

今日の小学生↓

001_201510242245284da.jpg

遠藤先生は難問を解いている生徒につきっきり。
「だから、ここがこうなってるからこうなるでしょ」と一生懸命解説しているのが聞こえてきます。

聞いている男子生徒は首をかしげながら、「ううん?あ~そ~か!え?でもちょっと待てよ」と身振りが激しい。いいねー、考えるってのは素晴らしいね。そう、もっと頭を使うんだ!

003_20151024224524b09.jpg

↓加藤先生がヒントを出したのに、最後の記述問題をめんどくさがってなかなか書こうとしない。

私が後ろに回って「さあもう書けるだろ、(書かないんだったら)お母さんに言おうかな~」とニヤリとすると、俄然身を入れて書き出しました。フフ、この年頃ならまだお母さんをネタに脅せるからね。

004_201510242245266b4.jpg

↓低学年はちょっと目を話すと手が止まって宙を見つめます。

そういうときは小原さん、佐藤さんのベテランコンビがサッとフォロー。助かります。

002_20151024224528c27.jpg

その頃、私は小論文講座。

006_201510242245461e3.jpg

去年の仙台三高の過去問を使って指導。いや~素晴らしい問題です。

私は、生糸と綿糸の違いや紡績業と製糸業の違い、さらにその歴史的、地理的背景について教えました。

トップ校の小論文は、設問の一つ一つに論理的に答えることが重要です。

今日一日だけでもかなり参考になったのではないかな。

普段、愛想のかけらもない朴訥な男子に「どうだ、今日のは滅茶苦茶タメになったろう」と振ると、「あーはい」と即答。そりゃあな。

次回は二高の過去問やります。こうご期待。
プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR