小学生&小論文

今日の小学生↓

001_201510242245284da.jpg

遠藤先生は難問を解いている生徒につきっきり。
「だから、ここがこうなってるからこうなるでしょ」と一生懸命解説しているのが聞こえてきます。

聞いている男子生徒は首をかしげながら、「ううん?あ~そ~か!え?でもちょっと待てよ」と身振りが激しい。いいねー、考えるってのは素晴らしいね。そう、もっと頭を使うんだ!

003_20151024224524b09.jpg

↓加藤先生がヒントを出したのに、最後の記述問題をめんどくさがってなかなか書こうとしない。

私が後ろに回って「さあもう書けるだろ、(書かないんだったら)お母さんに言おうかな~」とニヤリとすると、俄然身を入れて書き出しました。フフ、この年頃ならまだお母さんをネタに脅せるからね。

004_201510242245266b4.jpg

↓低学年はちょっと目を話すと手が止まって宙を見つめます。

そういうときは小原さん、佐藤さんのベテランコンビがサッとフォロー。助かります。

002_20151024224528c27.jpg

その頃、私は小論文講座。

006_201510242245461e3.jpg

去年の仙台三高の過去問を使って指導。いや~素晴らしい問題です。

私は、生糸と綿糸の違いや紡績業と製糸業の違い、さらにその歴史的、地理的背景について教えました。

トップ校の小論文は、設問の一つ一つに論理的に答えることが重要です。

今日一日だけでもかなり参考になったのではないかな。

普段、愛想のかけらもない朴訥な男子に「どうだ、今日のは滅茶苦茶タメになったろう」と振ると、「あーはい」と即答。そりゃあな。

次回は二高の過去問やります。こうご期待。
プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR