がんばる二中生

2015/10/21

10/18(日)

本日ひっそりとオープンする五橋教室の個人説明会にて。

長町からお問い合わせのあった二華中2年と小6のご家庭のお母さんとの話で、私は意外なことを聞きました。

それはお母さんが、社会がちょっと苦手な中2の娘さんに、こういう風に勉強をしなさいと私の過去のブログで印刷したものを何回も見せたというお話。

多分この回↓
暗記のしかた

「あなたはまだこれで言うところのレベル2なの。その上の勉強をしなさいといつも言ってるんですがねぇ」

とお話しなされましたが、この記事は私が高3に化学の勉強の仕方を教えたときの回。

それがこんな形で、私の知らないところで親子間のやり取りに役立っているとは・・・。もっといろいろ出していきますね。

*********************

10/19(月)

この日は中2の集団授業。

DSCF2667.jpg

テストが終わって、結果がどうだったのか楽しみでいると、

良かったといって顔がほころぶ人、現状維持でため息をつく人、やや下がって見せたくないと言い張る人などがいました。

中でも国語の文法は鬼門だったようで、テスト前にかなり時間を作ってまとめたので、しっかり聞いていた人は解けたようだし、その回の授業を休んだ人はゴソッと落としたという話です。休むなよ・・・

中2にプリント演習を指せている間、ちょっと通路を除くと、中3がシンとして自習に励んでいました。

DSCF2658.jpg

DSCF2666.jpg

DSCF2662.jpg

青ジャージから、名取二中の生徒が多いことが分かります。二中はみんな頑張ってるなあ。

何人かにテスト結果を聞いて歩くと、ある生徒がちょっといいですかと私を奥へ呼び出し、おもむろにマシーン顔になって「今回490行きました」と告げました。

なんで私を奥へ連れ出したのか不明も、「ヨンキューはスゲーな!それはオレも取ったことない。やるじゃないか」と肩をポンポンするとフッと少年らしい笑顔に。ふーん・・・まだかろうじて人間の心は残っているようだね。
プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新コメント
最新トラックバック