スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短文づくり

「センセ、先生、ちょっとわかんない」

テスト勉強に来ていた中2女子が私の方に手招きして言いました。

どこが?と聞くと短文作成で良い例文が閃かないとのこと。

「『圧倒的』ってどんなのがある?書けな~い!」

「はあ?そんなのメチャメチャあるじゃん。ホントに言ってんの?」

「うん、こういうのムリ~」



不思議だ・・・

最近、答えが一つに定まるやつには滅法強いのに、考えて書きなさい系の、答えがワンサカとある問題にはさっぱり手がでない生徒が多い。ふ~ん、、、ここはいっちょ教えてやるか。

思考力を失って机にペタンと横になっている生徒に向かって私は言いました。

「よし、『圧倒的』ね。それはこうしよう。

私はこのクラスの中で圧倒的に美しい。

どうだ?」

ゲラゲラ笑う二人。言われた方は顔が耳まで赤くなっています。

「先生、じゃあ次は(笑)?」



「それはこうだ。

あのさ、あなたと結婚することに意味があるの?

っていうのはどう?」

二人は大爆笑。「ね、先生、次は?」



「う~んこれはねぇ・・・

私の結婚の条件?声を大にして言うわ。お金よ、お金。

これでいこう」

二人は腹を抱えて大笑い。

「ねえ先生、じゃあ、最後の『取って代わる』は(笑)?」

「お金に取って代わるもの?愛があれば?フン、笑わせないで!

ってな感じで。よ~し、決まったね、さあ書くんだ」

「(爆笑中)そんなの、書けるワケないじゃんっ!」

「いや~全体がつながった素晴らしい例文だね。これで内申点もバッチリだよ」

「絶対内申もらえないって!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。