予期せぬ展開

「さあ、分かってると思うけど今日は学校のワークをチェックする日だ!終わってる人は前に持ってくるように!」

昨日の中2の授業で、私はクラス全員に向かって言いました。

006_20150619231250d03.jpg

試験1週間前で5教科すべての提出物が終わっていること―

これが試験のときの塾の基本ルールです。

提出ワークが早めに終わっていると良いことが2つあります。

一つは、最後の1週間反復練習ができることです。これにより記憶はより確かなものになります。

もう一つはその逆。

やるべきことを伸ばし伸ばしにして直前になって一夜漬け…という最悪パターンを防げるということです。

人間はナマケモノにできているから、締切が迫らないとどうしてもやる気が起きません。

そして明日やろう、明日やろうと思っているうちに試験3日前を迎え、準備不足で撃沈してしまうのです。

これを防ぐにはどうしたらいいか。

答えは簡単。

締め切りが迫らないとやらないなら、締め切りを早めればいいのです。

ということで塾では、学校の提出日の1週間前に全て終わらせて先生に見せるように!としています。

しかし敵もさる者で、毎年毎年、
「国語以外は全部終わってます」とか
「今日中に終わればいいんですよね」
「マル付けもやんないとだめですか?」
など、こちらの城壁にちょっとでも侵入できそうなひび割れを見つけるとスルスル入ってきます。

(※過去の傑作はこちら↓)
「対決」前編
「対決」後編

こういう不届きものは頑として撥ねつけないといけない!

そこで、私は授業前、ホワイトボードに但し書きをしておきました。

007_2015061923124726b.jpg

そのうち、生徒が1人来て、2人来て―ほどなくヒソヒソ話が聞こえてきました。
「え?なにアレ…」
「午前…3時…?」
「え?…ウソでしょ?」

(フフフ、気づいたか。
さて…こっちは至ってフツーを装わないとな…)

そのうち、リーダー格の女子がしびれを切らして「先生!」と声を挙げました。

「ん?なにかね?」
「先生…あれ…ホントですか?」

「ん?どれ?」
「ホワイトボードに書いてあるやつ…」

「ん?ワークcheck?ああ、もちろんやるよ」
「違くてその下…」

「下?ふ~ん…何かおかしなことでもあったかな…」
「先生!」

この女子がイライラして大声をあげると、今まで気づかなかった人も全員こちらを見て「うわーなにアレー!」などと騒ぎ始めました。

フフフ…こっちは本気だぞ!ってところをしっかり見せつけないとな…さあ、サボってるやつは覚悟するがいい!と思ってたら、女子たちを中心に話は次第に予期しなかった展開に…

「やった~!そんなにいれるの?」
「イイねアレ!私、3時まで残る!」
「じゃあワーク出さなきゃいいんだよね。そうすれば残れる!」

(…は?お…お前ら何言ってんの?)

「っていうかさ、お泊り会しない?」
「いいねやろう!やろう!」
「泊まりた~い!」

「コ…コラ…(プルプル)…お…お前らな…」

「夜食と寝袋持ってこいって書いてあるもんね」
「泊まってもいいってことだよね」
「ねえ先生、ノンアルコールとか持って来てもいい?」

「コ、コ…コラ~~!!!
ノンアルコールだと?ザケンなっ!!!
お前ら、これはバツとしてやってんだぞ!
も…もしかしてバツになってないの?」

「全然!」
「もっとやる!」
「ちゃんと勉強もするよ」

う…女子中心だとこうなるのか…

**************

この日、
結局2人以外は全員きっちりワークを提出し定刻に帰宅、そして2人は夜10時半になったところで、日曜日までにちゃんと仕上げて見せるようにと言って帰しました。

今日土曜も午後2時のオープンと同時に多数の生徒が来る模様。は~忙しい!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR