2016宮城県公立高校偏差値ランキング

宮城県、公立高校の偏差値ランキング、最新2016年度版が出ました!
(宮城新教育社のデータ)

まとめたものを早速アップします。

青字は昨年より難易度アップ、赤字はダウンとなっております。

2016高校ボーダー表


パッと見、偏差値60近辺の普通科が前年度よりもダウン。
加えて、仙台一高が1ポイント下がりました。

今回下がった学校は、倍率によるものと思われます。

2014年度⇒2015年度で倍率(後期)を比べると、

仙台一、1.59倍⇒1.32倍

仙台二華、1.53倍⇒0.77倍

仙台南、1.42倍⇒1.29倍

宮城一、1.19倍⇒1.12倍

泉館山、1.40倍⇒1.34倍

となっていて、まあこの結果もしょうがないのかなと。

ところで、仙台二華と宮城一の低倍率は何とかならないものなのか。

両校とも昔は三高以上に位置していたトップ校だったのに、今やトップとは言えないところまで下がってしまいました。中にいる人は優秀なのになぁ…

一方、仙台三桜はグイグイ来てますね。

今年、仙台南地区普通科の最大倍率1.73倍(前年度は1.53倍)が三桜をこの位置まで押し上げた要因でしょう。

今年は入試問題が簡単だったため、学力が足りない人でもまあまあ点数が取れたと思われます。

よって、合格不合格の分かれ目は、内申点の善し悪しが大きかったのではないかと推測されます。

この傾向、つまり入試簡単で差がつかず、内申点で決まる、という傾向が今後も続くかどうかは分かりませんが、今の中学生はやはり内申点にある程度気を配った方が良さそうだということは言えると思います。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR