志望校をどこにするか①

2010/12/01

何でこんなシステムなんだろう・・・
本日の中3三者面談で、本人と保護者を前にしてため息一つ。。

その生徒は、中1夏過ぎに入塾した。
1学期、学校で37位だった成績は、夏期講習の特訓で2学期中間では9位になった。
その後も塾の授業で行う「5科目」は比較的良い成績で、通信簿は5か4をマークした。
しかし実技はダメだった。オール3に近い成績だった。「実技は重要だからバカにするなよ」とさかんに口にしてはいたが・・・。

こうなると、入試ではイタイ。
宮城は実技を2倍にするから、
国語4 社会4 数学5 理科5 英語5 音楽3 技家3 美術3 体育3
という成績も、平均では3.6となる。

昨日、学校の三者面談でその生徒は先生に「三桜」か「東」を薦められたそうだ。
内申点平均3.6なら、確かにそこが妥当だ。先生の判断は正しい。

しかし、模試の成績はこうなっている↓

s-kikutidai.jpg

中3の6月、部活引退後は、塾の課題を完璧にこなし、その結果めきめきと力をつけた。
現在では、本人の志望校である仙台一高(65)を上回っている。
右アガリの推移なのでマグレではないと思うが、1回ではまだ不安だ。
宮城県の6割が受ける12月、1月模試でこの結果なら本物だろう。

さて、問題は志望校だ。偏差値60越えが本物だとしてどこを受けさせるか。

学校の先生のおっしゃる三桜(52)、東(51)なら合格は確実だ。
では南(56)か。
今年、南の入試倍率は2倍位ありそうだが、この偏差値ならトップクラスだろう。
だが、それで合格となるかは疑わしい。
なぜなら南には過去、ことごとく裏切られてきたからだ(他塾の情報含む)。
偏差値61位あっても内申が4.0未満ならアウト。
逆に偏差値が56にわずかに届かなくても、内申が4.2位あれば合格という内申重視の学校だ。

内申3.6で偏差値66の彼はどうしたものか・・・。
部活引退後、こんなに巻き返しているのに・・・。
この努力は報われることはないのか。
「内申は中1から全て見る」「入試得点:内申は相関図1:1で評価」という悪魔規定になす術はないのか。

面談にて。塾長の結論は以下。
三桜や東まで落としたら、国公立大は難しい。モチベーションを保つのが・・・という意味でね。
私立の特進コースに行った方がいいだろう。この成績なら特待生で受かるかもしれない。それならお金の心配も少ない。
特待合格なら、一高、三高、二華あたりで勝負だ。南や向山に行ってもしょうがない。私立の特進とそう変わらないからな。というか、南、向山は内申3.6なら受からない。
それにお前はまだ伸びる。トップ高合格のカギは数学にあるが、俺の指導なら万全だ。そして相似、三平方で周りが脱落する。
過去の内申はどうしようもないが、得点力はまだ上昇する。ここは一高狙いで押すところだ。いずれにしても次の模試だな。

あとは、ご家庭の判断。こちらは全力で指導するのみ。
2年後の入試制度改革では、ぜひ「追い上げタイプ」の人権も認めて欲しいものだが。。。
プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新コメント
最新トラックバック