新中1 授業開始しました!

FROM:真田和之

4月8日から新中1の授業がスタートしました。

最初の授業で、クラス分けテスト(算数)を実施して、特進クラスと標準クラスに分けましたが、まだ仮のクラスです。

6月の1学期中間試験の得点ではっきりとしたクラスが決まります。

さて、授業の中身ですが、英語は毎回単語テストを行います。出来具合は当然生徒により異なりますが、練習の仕方も個人差があります。

全体の半分は、テキストを見ながら普通に5個ずつ単語を書いていくのですが、

中には、途中の3回目ぐらいからテキストを見ないようにして書く生徒や、

一通り練習を終えたあと、自分で自分にテストをする生徒などがいます。

こういう生徒は書くだけでなく覚えるまでが仕事と思っているのでしょう。大変素晴らしいと思います。

あと男子生徒は書き方が結構雑です。
単語と単語がくっついたり、枠をはみ出そうがお構いなし。

一方、女子生徒のノートは素晴らしくきれいです。

当面、単語練習を宿題にしますので、お父様・お母様もぜひチェックしてみてください。

002_20150416151406e8d.jpg

単語の正しい練習の仕方・覚え方を話しながら、中間試験の目標や勉強の仕方についても話をしました。

「6月の中間試験なんだけど、特進クラスの5教科の目標点は450点以上です。」

するとおとなしく授業を受けていた生徒達がざわめきました。

「ん??もしかしてムリって思ってる?英語・数学で100点ずつ、理科・社会をしっかり覚えて90点ずつ、国語で80点取ったら余裕で超えるでしょ!」

生徒達はとなりどうし顔を見合わせて何やらひそひそ・・・・苦手科目の話をしています。

「苦手教科もあるかもしれないけれど、みんな一からのスタート。全教科小テストを試験前に繰り返していくので、合格するまでやったら必ず目標点数をとれるよ!」

生徒達はこの言葉を聞いて少し安心した様子。

「試験の得点も大切だけど、問題を解くスピードも大切!速く正確に解くことも常に気をつけよう。また、人に言われなくても自分から勉強を進められるように心がけていこう!!」

生徒は私の話を聞いてウンウンとうなずきます。

生徒たちの視線が純粋すぎて、痛いぐらいです(笑)

中2・中3と学校生活に慣れ切ってしまうと、この純粋な視線が少しずつ少なくなっていきます。

いつまでこのピュアな視線を維持できるかは我々講師陣の腕の見せ所ですね。

004_20150416151402352.jpg

休憩時間、隣の標準クラスに顔を出すと2人の女子生徒が話しかけてきました。

「先生!学校の試験で何点取ったら特進クラスに行けるの??」

これまた純粋な視線を投げかけてきます。

「430点以上は取って欲しいな~。しっかりがんばれよ!」

「あたし、絶対特進に行くからね!!」

希望に満ちあふれた、純粋な新中1生。

今後も適時、授業風景等をアップしていきます。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR