見直しが一番!

前回の続き>

中2特進クラスの宿題をチェックしていると、赤で答えが書いてあるだけで、なぜそうなるか検証がなされていないのが目立ちました。

今日はこのことについて言っておくか…

私はペンを取りホワイトボードに書き始めました。

015_201504101933390d0.jpg

①宿題全部やった。マルつけも見直しもOK!

②宿題全部やった。マルつけもOK。
見直しはしてない。赤で書いただけ。

③宿題は途中。
でもマルつけも見直しもやった!

④やってない…

「はい、ではみんな聞いてくれ!」
私は書き終え、手をパンと叩きました。

「ここに書いた4つなんだけどさ、みんなはどう思う?どの順にエラいんだろう」
私は教室を見まわして間を取りました。

「①は大変良くて④はダメってのは分かると思うけど、②と③はどっちがいいの?」

少し待ちましたが返事はありません。
私は続けました。

「…学校はね、学校だったら②だな。
決められたページはとにかくやりきって出さないとね。

これが半端だと、テストで90以上取っていても3とかをくらってしまう。
中身がどうとかよりもとにかく最後までやりきって出すことが大事だよな。

でも、これが塾だと考え方は違ってくる。

言っとくけど、オレは②よりも③の方が好きだからね。

だって赤でただ書いたって何の意味もないもん。

意味のないことを8ページやるぐらいだったら、意味のあることを4ページやった方がいいに決まっている。

今後も、宿題チェックでやってないのを発見したら『どうして宿題やってないの』とオレは聞くけどさ、

そういうときは8ページ赤で染めるよりも、『間違い直しを一生懸命やってたら残りの4ページはやれず仕舞いでした』と言ってくれた方がよほどうれしいね。

いいか、勉強は間違った瞬間が一番大事なんだ。

マル付けしてバツがついたらね…、すかさず、

どうして間違ったんだろう?
符号が抜けたの?
根本的なやり方が間違ってんのかなあ?ってね、

一つ一つじっくり考えてほしい。

学校は終わらせるのが優先でいいけどさ、オレの授業では見直しを優先するからね。今後はそのつもりで!」

014_2015041019333853a.jpg

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR