内申が低いのはなぜ?②

<※前回の続き>

ある男子の内申点が低い理由を同じクラスの女子に尋ねると、「そんなの当たり前じゃん!」とバッサリ。

意外な答えにたじろいでいると、その女子は一気にまくし立てました。

「だって○○さんね、こないだ国語の先生にメッチャ怒られてましたよ!」

「こ、国語!?いったいそれはどうして!?」

「だってさ、国語の時間にほかの科目の勉強してるんだもん!先生、その問題集を取り上げてガミガミ怒ってた!」

「ええ~っ!お前…ホントか?」
慌てて男子の方を振り向くと、男子は急に耳まで真っ赤になり下を向きました。う…コ、コイツ…

「お、音楽は!?音楽でなんかない?」

急いで女子に次の質問をすると、女子はこれも自信満々の顔つきで語りました。

「音楽?ああ、あれも当然内申悪いですよ!だって○○さん、全然歌ってないもん!歌の間、ほかの男子と後ろでなんか話しててさ」

「ええ~っ!?」
私は再び男子を向いて尋ねました。「それもホントなの!?」

言われた男子はさらに顔が赤くなり、一歩下がって恥ずかしそうにコクンとうなずきました。うう…コレだ…

「わかった、ありがとう」
私は女子に一言告げたあと、男子の方に向き直り言いました。

いくらテストが高得点でも、これではダメだろ。

授業の間はほかの科目をやらない、歌も真面目に歌う、

当たり前のことだけど、そういうことをちゃんとやんなきゃ…

**************

先日、問い合わせでいらした小5のお母さんに「内申点のことがよく分かんないんですけど…」と聞かれました。

一通り丁寧に入試の仕組みを説明し、だから中1からちゃんととっておく必要がある、テストで高得点を取ればいいというものではなく、ほかにも気をつけないといけないことが多々ある

とお話しして、「私から見てこのような人は内申が悪いようです」と経験談をいくつか紹介しました。

それは、
・字が汚く、文字が読みにくい

・提出物を出さない

・授業姿勢が良くない

・先生の話を聞かない、おしゃべりやほかのことをしている

・音楽で歌わない

・体育を休む

など。

加えて最近授業をしていて思うことを述べました。

近頃は生徒も、入試で内申を使うことをよく知っていて何かと注意を払っています。

そのせいで生徒が提出物の期限を守らないということはめったになくなりました。

しかし出されたものが、やっつけ仕事というか、書くだけ書いてはいどーぞという感じでちゃんと真面目にやったのか疑問なものが多くあります。

特にきったない字で解答欄なんか関係なくはみ出た文字の羅列を見ると、だんだん腹が立ってきます。

私が先生だったら―
そういう子がたとえテストで95点を取っていても3をつけたくなりますね

お母さんは私の話を真剣に聞いた後、心配そうに言われました。

ウチの子は絶対そうだ…

ここにあるのほとんど当てはまってる…

こういうことは中学校に入ったら先生が子どもたちにどこかできちんと伝えるんですか?と。

「う~ん……中学校が言うかどうかはわかりません。

いや…、言わない気がしますね。当たり前だろということで。

だから私たちは授業でよくやるんです。

『なんて書いてあるかわからないッ!バ~ツ!』とか、

机にぐたっと横たわっている生徒には『姿勢が悪いッ!』と言って肩をつかんで起こすとか。

一回言って直るものではないので、目にするたびに言い続けますけどね。

塾に入ったばかりの生徒には特にやります。

あれは一度そうなってしまうとその後はなかなか抜け出せないんですよ。そうなる前に…ですね!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR