内申が低いのはなぜ?①

先月のこと。

ある中2男子の父から、息子のことで相談が…と連絡をいただき、すぐに面談に。

話の内容は、内申点が低いがどういうところに問題があるのか…といった相談でした。

その生徒は、成績は学年トップクラス。

さらにハイレベル高に合格するために必要な数学力、スピード、思考力も申し分なく、入試で試される5科目のテストは十分高得点を取ると思われる生徒です。

しかし内申点を見ると、、、

国語や音楽に「3」の数字が。

お父さん曰く、それがなぜなのか分からない、テストの点数も悪くないと思うがいったいなぜなのか、提出物を出してないのか、授業態度が悪いのか、本人に聞いても良く分からないので困ってしまって…とのお話でした。

う~ん、なんででしょう…

確かに、彼は笑顔でハキハキ好印象!というタイプではないですが、だからといって3をつけるかというとそれも違う気がする…う~ん…

その場では何とも言えなかったので、何か情報を得たらご連絡しますと言ってその場は終わりました。

う~ん…

私は一人になって考えました。

しっかしなぁ…

アイツは高倉健みたいな感じで寡黙で不器用な男だからナァ…

元気ハツラツなオロナミン男子と比べると印象が悪く見えるのかナァ…

でもさ~…
ホントは、男はそのぐらい無骨な方が好ましいってもんなんだけどナァ…

なんてことを考えていると、まもなくその男子が教室に姿を見せました。

早速私は駆け寄り、3をもらったことについて心当たりは?授業態度は?と聞きましたが、男子は「さあ…」と首をかしげるばかり。

「そっか~…不思議だな…」

私は天井を見上げながら、男子が何か隠していないかチラチラ表情を盗み見ましたがどうもそんな気配はありません。

う~む…

身内には言いにくかったけど、実は…ってことでもなさそうだ…。じゃあなんだ…?

その後、しばらく机にポツンと腰かけたままでいると、数分して「先生、こんにちは!」と戸が開く。声の方にゆっくり目をやると、そこにはこの男子と同じクラスの女子が。

「おう、こんにちは。…あのさ」

私はなんとなく声をかけました。

「○○がさ…テストの割に内申点が低いんだけどね。…なんか知らない?」

この子が知るわけないか…とさして期待もせずに聞くと、その女子は急に身を乗り出して「え?そんなの当たり前じゃん!」とバッサリ。

意外な答えにたじろいでいると、その女子は一気にまくし立てました。

「だって○○さんね、・・・」(つづく)

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR