早く教室に来る人々

「こんにちは!あー早く来ちゃったなあ^^」

まだ授業時間の1時間前だというのに、
小5男子が早速教室に登場しました。

こっちはまだ授業の打合せ中だったのでなんかテキトーにやっててというと、少年は奥の棚からパズル道場の道具を持ってきて問題を考え始めました。

DSCF1458.jpg

ふと奥の部屋を除くと、標準クラスの中2女子が勉強中。
英語の問題を解いていました。

DSCF1456.jpg

「おお!これはこれは珍しい!いったいどうしたの^^?」

普段口数の少ない女子なので、ややオーバー気味に声をかけると女子はニッコリ笑い、「自習です」と答えました。

(おお!珍しいっ!)

半年前の入会から今まで、私はこの子が笑ったのを見た記憶がありません。

(徐々にウチの塾に慣れてきたということなのかなあ…

それとも新年を迎えて精神的に大人になったとか?

しかも何でいま、こんな時間に勉強なんだ?

この前成績が上がって、クオカードをあげた。

それがまたやる気につながっているとかならいいんだけど…)

そんなことを考えながら、隣の部屋に行くとこちらには中3が一人来ていました。

DSCF1457.jpg

「ま~たお前か~!早いな、おい!」
「えーへへ」

「毎日毎日エライね~。じゃあちょっと一枚…」
「え、撮るんですか?」

「お前のお母さんもさ、あの子はちゃんと塾でやってるのかしらって思ってんだよ。だからさ…その証拠に…」
「あのー、撮るなら早く撮ってください」
「はいはいスイマセン…汗」

******************

小学生の教室に戻ると、もう一人生徒が。
いつも早く来る小4男子です。

DSCF1459.jpg

「いつもいつもホントに早いね」
「へへへ」

「もうこうなったら児童館でも始めようかなあ…ってそれ学校の宿題?」

「うん!ここ分かんないから先生に教えてもらっているの!」
「へ~それは良かったじゃないか^^」

そんなことをやっているうちに時刻は午後4時半になり、あちこちで授業がスタートしました。

DSCF1463.jpg

この日は小1から小6まで18人来ています。

DSCF1469.jpg

ふと速読聴の様子を見ると…

DSCF1470.jpg

つい先週、学院中に合格した小6男子が「西郷隆盛」を4倍速!で読んでいました。

DSCF1472.jpg

私は速読ができないので、もしこの単行本を読んだら1.5時間はかかるでしょう。

でもこの4倍速で読む男子は、画面表示を見ると33分で1冊を読み終える勘定となっている。う~ん羨ましいけど…できないんだよなあ…

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR