やる気のカベ

9月、中3の模試の結果を見て社会の平均点が低いことから始まった「歴史イベント」もとうとうタイムリミットを迎えました。

※過去ブログ「中3歴史イベント始まる」参照

絶対に覚えてもらいたい歴史の重要事項を24枚の小テストにし、それを11月末までに終わらせようということでやってきましたが、結果はこんな感じ↓
(縦軸:生徒氏名、横軸:テスト番号)

<標準クラス>
002_201411292226517b5.jpg

<特進クラス>
001_20141129222650d2d.jpg

先日、中3のある女子が私のところに駆け寄り、実力試験の社会が上がったという話を意気揚々と語ってくれたことがありました。

「良かったね、これはいくらか役に立ったの?」と私が尋ねると、

すごい役に立った、これのおかげで覚えることができたと鼻息荒く語るのを見て、

ああやって良かったな、人間、「大事だから自主的にやりましょう」ではなかなか動かない、

「これをいついつまでに必ずやるように!もしやらなかったら…」と言って指の骨をバキバキ鳴らすことや、

写真のようにそのための表を作り、「あの子はあそこまで行ってるのか…」という競争心や「ここまで来たら絶対コンプリートしたい!」という収集欲を駆り立てることがいかに人を動かすのか、ということを私も学んだのでした。

しかし、表を見る限り、コンプリート率は多いもののまだ達成していない人もちらほら見えます。

しかも特進クラスの方が多いし…(憤)

未達成のメンツを見ると…はいはいやっぱりね…内申点の低い男子連中だ。あいつらめ…

意外に効果のあったこの企画、12月からは地理をやる予定です。
よっていつまでも歴史の未達に構ってはいられない。

先週の木曜日、私はクラスのみんなに言いました。

「歴史は11月で終わりだと言ってあるのにね…どうもまだの人がいるようだ。
さて…どうしたものだろう?」

ジロ…とM中男子連中の一人一人に視線を飛ばすと、目が合った面々は順番に恥ずかしそうに苦笑いしてうつむきました。

(クッソ~そろいもそろって、美男子を前に緊張しきった乙女みたいな顔をしやがって…。

あいつらだったらちょっとやる気になればすぐにこんなの終えられんのに…

さてどうしたものか。

「一体お前らは何なんだ!」と鬼になって怒鳴り散らすか…、

それとも「もうお前たちのことは知りません」と言って無視するか…)

あまり間をあけると今度はナメられると思い、私は思い切って言いました。

「タイムリミットは今月11月末までだったはずだ。
これを守れなかったら…」

私の言葉に男子連中が恐る恐る目を上げる。今だ!

「お父さんお母さんと三者面談だ。
オレがここまで準備して、日曜日も開けて、それでもやらないならね、
もう、このシールの表を直接見てもらって、親に怒ってもらう!」

言った直後、中3にもなってこんなん効果あんのかな…、母ちゃんなんか恐くねえぜ!とか言われちゃうんじゃないかな…と不安になるも、生徒らを見ると明らかにギクッとした様子。おお!

「ほらほらいいのね?三者面談しちゃうかんね?」
突破口をやっと見つけた私が勢いに乗って畳みかけると、

「せ…先生、ホ…ホントにやるんですか?」

「ああやるよ!マジだからね」

「い…いつまでですか?」

「リミットは今度の日曜日。11月末までって言ってあったでしょ」

「日曜日に…やってもいいんですか…?」

「ああいいよ。でもまあ無理だろ…面談しよ」

そんなやり取りが続いた、翌金曜日、土曜日の授業前は、彼らほかいつもより多い生徒たちが早々に教室にやってきて熱心に勉強を始めていました。

いや~面談パワー効果大だな…

007_20141129222655c3c.jpg

<特進クラスの授業>
009_2014112922272232b.jpg

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR