個別指導フォト

「個別指導」は先生と生徒が1:2なので、分からないところを丁寧に指導できるコースです。
昨日の模様をちょっとご紹介。

↓は中3男子に計算の基本を丁寧に説明しているところ。

001_20140918225445862.jpg

講師は当教室の卒業生で、名取一中⇒宮城一高を出た先生。

授業後、私のデスクまでやってきて、私の飲みかけの麦茶を手に取り「ノド乾きました…いいなあ」と言ってそれをそのままスーッと顔の近くまで持ち上げたので、「え、まさか?!…ほかのにした方が…」とこちらが慌てて静止するほどのテンネンな一面を持った人ですが、その後、この生徒にこのように教えたんですけどほかに教え方ありますかと私に聞いてくるなど、指導熱心な先生の一人でもあります。


↓の講師も塾の卒業生。増田中⇒二女高(現二華高)と進学し、笑顔の絶えない優しさあふれる先生です。

003_201409182254463da.jpg

生徒は2人とも女子中学生で数学の勉強をしているところですが、片方の生徒は「女性の先生に習いたい、優しい先生がいい」という希望があるのでこの先生はまさに打ってつけ。生徒の希望に寄り添えるのが個別のいいところですね。


↓手前の先生も元塾生で、増田中⇒仙台一高⇒東北大と進学。
学校の課題を持ってきた高校生に数学の指導をしています。

004_201409182254476e9.jpg

授業後、高3男子と受験勉強のやり方について自身の経験を交え、1時間ほど説明していました。熱心だね。

↑の写真、奥では個別指導全体を管理する遠藤先生が一高生と東北学院生に学校課題のサポートをしているところです。
実は遠藤先生も私の教え子で、仙台一高⇒東北大と進みました。

みんな積極的に勧誘したわけではないのですが、自然とこのような形で塾を卒業した人が戻ってきて指導に当たってくれるというのは…ありがたいことです。


夜10時、集団授業の部屋の戸締りをしようと教室に戻ると、一人残って自習している中3の姿が。最近入会した閖上中の生徒会長です。

007_20140918225449348.jpg

様子を見に近づくと、生徒はさきほど私が出した社会の宿題に集中していました。

「ほ~う、感心だね…渡されたその日にね」
私は邪魔にならないようにすぐ部屋を出ました。

中3はこれからが本当の勝負。がんばってくれよー!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR