入試制度にガックリ…②

<前回の続き>
「前期に出願できる条件」のキモは部活の県大会などではありません。

それはもちろんアレです…「内申点」…。

「出願条件」をクリアできるかどうかということに関して一番注意すべき点は「平均評定」を満たしているかどうか、これこそがポイントなのです。

たとえば…
仙台二高⇒4.8(または4.3で部活の県ベスト8以上)
二華高⇒4.7(または4.5で県大会)
仙台三高⇒4.3
宮城一⇒4.5
向山・泉⇒4.3
仙台南⇒4.4(及び通信簿に1か2が一回でもあればアウト)
三桜⇒4.2
仙台東⇒4.0
仙台西⇒3.8(または3.5で県大会か検定準2級)
名取北⇒4.0(または3.8で部活3年間か検定3級)

などとなっています。
これはどうなんでしょうね。みなさん、どう思われますか?
キツい数字ですか?それとも妥当でしょうか?

塾をやっている私からすると、これは大変にキツい数字です。

中2や中3の途中から入ってくる生徒を見ていると特にそう思います。

たとえば、塾に来る前の成績を見ると平均評定3.0ぐらいしかないけど、塾に来た後ぐんぐん力をつけて受験のころには偏差値60以上、平均評定4以上、南や向山なら合格判定Aクラスなんてケースは毎年ざらにいます。

二つ前のブログで書いた、200点台から400点台へ上がった生徒もそうです。
中1の通信簿を見るとヒドいけど、今はがんばって良くなった。しかし…

そういう生徒は前期は受けられません。
やはり過去の通信簿が響いて平均評定が足りないのです。
テスト勝負なら十分勝機があるのに…。

従ってこういう人は後期試験を受けるしかありません。

しかし、その後期の募集割合が低くなった。

これは言い換えると、人生一度でも失敗すると終わりですよ。
あとからの努力は報われにくくなりましたよということです。

はぁぁぁ~~~~どうしてこうなるかなぁぁ………
失敗を反省し、改善し、努力して得られた成功ほど尊いものはないと思うのですが…

と…愚痴ったところでしょうがない。

前期が増えるなら前期対策を入念に行わないと…というのが今の気持ちです。

具体的には、今秋から前期試験を受験する予定の生徒たちを対象に、「小論文対策」を行います。

中身は、まず生徒たちに作文小論文を書いてもらう。
そしてそれを外部のプロの添削機関に添削してもらうという内容です。

詳しくは改めてホームページ等でご紹介します。

**********************
(おまけ)

「4.8だと?アエルの受付嬢でもそんなにお高く留まってはいないぞ」
「条件」に書かれている数字の大きさに半ばあきれていたとき、ふとあることが脳裏をよぎりました。

「一高は…違うよな…」

私はとっさに一高のページをめくりました。
一高まで前期重視、内申点重視になっていたらこの県ももう終わりだ。

真のリーダーは通信簿なんかじゃ測られない。
過去がどうであってもここぞというときに頼りになる者、
頭脳による一発勝負を勝ち抜ける逞しさを持った者、そういう人間がこの国を強くするんだ。

せめて一高だけはそういう連中の集まりじゃないといけないんだが…

期待を込めてページをめくると、そこにはこうありました。

<仙台一高>
・前期20%、後期80%
・「前期の出願条件」⇒平均評定の記載なし

うわ~~~!!!
私は鳥肌が立ちました。
増えてない!前期が増えてない!

その後一通り調べると、仙台一高のほか仙台工業と宮城野高校も昨年と同様でした。
前期の募集定員増にはなっていません。

「おお、市工も!宮城野も!」
まるで断崖絶壁の岩場にポツンと咲いていた花とでも言いましょうか、名前を見つけたとき「こんなところによく生き残っていたな…」という思いがしました。

素晴らしい!
改革なんてどこ吹く風!
媚びてない!まったく媚びてない!

特に一高は今年も「平均評定関係なし」と来たもんだ。
いや~まったく…なんてすがすがしい学校なんだ!
愛してる!結婚してください!

「オール1だろうが構わぬ。頭さえよければそれでよい」
資料の一高のページから声が聞こえてきました。

「誰を愛そうがどんなに汚れようが構わぬ。最後にこのラオウの横におればよい」
ラオウがユリアに言ったセリフまで聞こえてきました。

その話を隣にいる遠藤先生(一高出身)に言うと、「いや~素晴らしい!」と言って腹を抱えて笑っています。

私はとうとう頭がおかしくなったようです。ではこのへんで。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR