高校生は数学が大変!

「自習しに行きたいんですけど何時頃行っていいですか?」
先週の土曜日のお昼過ぎ、私のケータイへ仙台南高二年の男子からメールが来ました。

教室はいつも2時オープン。
いつでもどうぞと返信すると、早速教室にやってきて学校から渡された課題プリントをやり始めました。

あのナマケモノがねぇ…随分積極的になったこと…
(過去ブログ参照⇒ナマケモノの逆襲

成長したその生徒の姿に目を細めていると、ほどなく、質問いいですか?と私のところへ数学を持ってきました。

しかし、2,3、口頭で説明してもなかなか話が通じません。

「しょうがねえな、一から説明しよう」
私は横にあったメモ用紙でベクトル方程式の基礎から説明。彼もその一つ一つにうんうんとうなずきます↓

よし、今日一日でだいぶ分かるようになったんじゃないかな^^
001_20140614203801b25.jpg

↑隣の女子は今月から入会した高校一年生。
最近はほぼ毎日自習にやってきて積極的に質問します。

夜になるとあちこちで個別指導の授業が始まりました↓

奥のパソコンデスクには、自習している生徒たちの姿が見えます。

006_20140614203802bed.jpg
008_20140614203804461.jpg

高校生は来週校内テスト。
みんな熱心に勉強に取り組んでいますが、ほぼ全員数学をやっているのを見て思いました。

(ふ~ん、中学生の自習は社会とかの暗記系が多いけど…高校生は断然数学だなぁ…)

私が机を回っていると、ある高1女子がイライラして私に言いました。「先生、どうしたら因数分解できるようになりますか?」

「ほう、それはいい質問だねー^^

まあ、問題をいっぱい解くことだよね。
俺は高1のこの時期、因数分解を何百題解いたか分からないなぁ。

あとは美を知ることね。

見てよ、この美しさ。
この式がちょっと手を加えてこんなに綺麗になるんだよ?
いや~美しい…。
って…お前…いま、ちょっとキモいと思ったろ?」

「は…はは…若干…(笑)」

「だからダメなんだよ」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR