新中1 授業スタート

FROM:真田和之

新中学1年生の授業がスタートしました。

013_20140419201302a75.jpg


英語は単語やアルファベットから始まるのでそんなに差はありませんが、数学力は大きな差があります。

そこで最初の授業のときに数学のテストを実施して、得点と処理スピードによりクラス分けをしました。

クラス分け初日、私は特進クラスの生徒達に言いました。

「このクラスに居るということは、学校の試験でも上位を目指すということ。

そして、まだまだ先の話だけど、高校受験についてもレベルの高い高校を目指すということなんだ。

他の人に言われて勉強をやるのではなく、自ら進められるようにこの1年頑張って行こう!」

私が話している間の生徒達の表情・眼差しは真剣そのもの!

この前まで小学生だったことがウソのようにキリッと引き締まったものでした。

さらに、6月に行われる1学期期末試験の目標点数を、一人一人に聞いていきます。

「S君、5教科で何点取りたいの??」

「400点以上を取りたいと思います!」

「Hさんは?」

「400点以上を取りたいと思います!」

そのあとに聞いた生徒皆が、右にならえで同じ目標点数を口にします。

そんなところがまだ小学生だな・・・かわいい(笑)

「450点以上とか高い目標は一人もいないのか・・・残念だな~。それとも緊張して、本性をあらわしていないのかな??まっ、これからだよね!」

生徒達は顔を見合わせ、クスクスと笑っていました。

前半の授業が終わり、「休憩時間になれば仲良し通しで集まってワイワイやるんだろうな」と思っていましたが・・・・

誰一人、席を立つこともなく、黙々と問題を解いているではありませんか!!

私は「休憩だからな!楽にしろよ!!」と言いましたが一向に雰囲気は変わりません。

しかも、宿題をやっているのかなと思って見てみると、副教材で自分のできるところを探して解いているのです。

これは素晴らしい!!でも・・・もう少し子どもらしくしてくれてもな~・・・・。

そんなことを考えながら、解答を取りに隣の標準クラスに行くと・・・

「おお、先生こんにちは!!」

男子4人が教室の入り口でおしゃべりに夢中!周りを見渡すと、女の子もにこやかに談笑!

これぞ中1です(笑)

クラスの雰囲気の違いに、私も正直戸惑ってしまいました。

今週から教科書の内容に本格的に入り、6月の試験に向けて頑張って行くことになります。

今後2つのクラスの雰囲気がどのように変化していくのか楽しみです。

授業の様子も含めて随時アップしていきます。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR