震災支援制度に関して

2011年3月11日の東日本大震災から、早いものでもう3年が経ちました。

電気、ガス、水道が止まり、ガソリンスタンドに列をなしたあのときの記憶は、時間とともに徐々に忘れ去られつつありますが、実際はまだまだ大変な生活を強いられている方がいらっしゃることは、ご父兄と面談をしていて分かります。

当時、塾として何かできないかと、一年間に限って始めた「震災支援制度」ですが、そのあとも仮設住宅に住まわれている方からのお問い合わせがあると、今このような支援制度を実施させていただいておりますとお伝えし、制度の延長、延長であっという間に3年が経ちました。

今年度も同様のお問い合わせがございますので、制度を引き続き実施させていただきます。

以下ご確認ください。

********************
<震災支援制度>

(支援対象)

当塾の塾生

(支援条件)

・自宅が全壊、流失などの甚大な被害を受けた場合

・保護者の死亡(震災関連死含む)、行方不明、重体等により経済的に大変な状況にある場合

(支援内容)

・教材費を除く授業料等の半額免除

(審査方法)
書類審査

********************

塾には、外部の支援団体である「チャンス・フォー・チルドレン」や「3.11塾」をご利用になられている方もいらっしゃいます。

同団体にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR