最後の授業

明日は中3の公立高校後期入試。

塾では昨日が最後の授業となりました。

まずは、入試予想問題を解き、、、

007_2014030516533878b.jpg

010_2014030516533983c.jpg

個別指導も同様↓

002_20140305165337a1f.jpg

授業後に、筆記用具や受験票を忘れないことなど、入試の注意点を伝えました。

「ということで、コンパスとか定規とか…忘れ物はしないように。

あ、そういえば入試の休み時間中に、見る問題集がなくて聖書を見たというやつがいたけど(笑)

そういうのも必要ならちゃんと持っていくんだぞ。社会とか暗記系はちょっとは効き目があるかもしれない。

ちなみにオレは持っていかない派だけどね。休み時間中は腕を組んで周りを見渡し、敵の観察をするんだ。

これ、なかなかいいよ。必死になって焦ってるやつを見ると可哀そうになってきて、気持ち的に自分が優勢になれる。勝負あったな!ってね。

でもまあ見る物が必要だと思う人は持っていけばいいことだし…その辺は自分でやって」

話し終えて時計をちらっと見ると、もう授業終了時刻間近になっていました。もう本当に最後です。

ちまたの塾では、頭に鉢巻巻いてエイエイオーとやるのかもしれませんが、そういうのはどうも性に合わない。

それに、それをやるのは生徒に必要以上に緊張を与えることになって良くないという思いもあります。

普通が一番!ということで、私は生徒らに向かって言いました。

「これで授業も終わりだ。

あなたたちとももうお別れだな。

いろいろあったな…。

もう俺のことを『キモい』とか『最っ低ー』とかいう人もいなくなるのかー(笑)」

女子「えー、そんなことないでしょ(笑)」

「いやいや、今の中2や中1はそんな失礼なこと言わないよ。俺は尊敬されてるからね(笑)

まあ、でも…ホントに終わりだな。

塾はやってるから、ときどき遊びに来いよ!

じゃ、入試がんばって!終わり!」

私は最後の合図を終えました。

しかし…生徒らはじっと座ったまま立ち上がりません。ん??なんだ??と思っていると、一人の女子が「起立」と号令をかけました。

その合図でみんな立ち上がると、その女子は続けて「今までご指導ありがとうございました」と言ってお礼。ほかのみんなもそれに続きます。

(やめてくれ…そういうの恥ずかしいんだよ…)と思いながらも、こちらも一応おじぎ。

儀式が済むと、別の女子が「せんせ~」と言って私のもとへ。目からはすでに大量の涙があふれています。

「これ、手紙です…え~ん、え~ん」

「わかった、わかった…。ありがとな。なんで泣くんだよ。これから入試だぞ」

「え~ん…でも~…いままでありがとうございました~、う~(泣)」

「お前……そんなこったから数学解けねーんだよ…。感情的になったらダメなんだって…」

入試前にこんなことになってはマズい…と、慌てて火消しに走るもその子の涙は止まりません。

すると別の方からも、うわ~んと泣き声が。いつも私にキモいという女子です。

「なんで泣いてンだよっ!あさって入試なんだからやめろよ」

「うわ~ん(涙)」

まったく…女はこれだからな…

肩をポンポンしながら、やれやれ…と思っていると、学年一位の女子が理科の問題を手にもって私のもとへやってきました。
「あ、先生~、この第三問の②を教えてほしいんですけど」

その女子は近くへ来て、大泣きしている二人と困った私を見て「あれ?」と立ち止まります。
「あ…なんか…いまは…マズいですかね…(笑)」

ふふふ、さすがだね(笑)問題に集中するあまり気づかなかったのか。

理を追究するその姿勢と天性のボケ…最後まで…らしいな(笑)

その後、記念写真を撮り、全員解散。みんなの合格を祈ってます!

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR