ことば知らず2

「先週はヒドかったな。最初はウケを狙ってるのかと思ったけど…ホントに知らないんだな。じゃあ今週はこれね!」

書棚から中1国語のテキストを取り出し、やや易しいものを出題したのですが・・・

①料理なら少し(  )に覚えがあるよ。

『頭』、『身』と入れる人数名。
「それは政治家が使う言葉だから。『えー、まったく身に覚えがございません』ってね」

(正解は腕)


②彼はすごい点数を取ったことを(  )にかけて自慢ばかりしている。

校内テストで450点を取る男子に聞くと『てんびん』との答え…。
「いやー…キツイなおい…。
 それはさ、『私とギャンブルどっちが大切なの?もう、てんびんにかけるのはやめてちょうだい!』ってときに使うんだよっ!」

(正解は鼻)


③彼はあなたのことが憎いようだ。(  )の敵(かたき)にしているね。

一人目が『友』、次の男子が『父』との答え。
「どうやら走れメロス(この前の学年末テストの範囲)にどっぷり浸かっちまってるようだな」

(正解は目)


④私の母は私のテストの点数を聞いて(  )をひそめた。

これは割と当たっているものの、『こめかみ』、『かげ』と答えもあり。う~ん…

(正解はまゆ)


⑤私は借金を(  )をそろえて全額返済した。

わかりませんと答える人が多数。中学校トップクラスの男子に当てると『つま先』と答える。
「つま先をそろえて金を返すって…ふふふ…ずいぶん礼儀正しいなぁおい…」

(正解は耳)


⑥それは言うのはやめときなよ。言わぬが(  )と言うではないか。

『仏』と答える人多数。「それは『知らぬが仏』ね」

(正解は花)


⑦彼はすごく頭がいい。私のことなんか(  )もひっかけないよ。

『目』『足』『つま先』との答え。正しい答えを言ったのは一人。
「お前ら、足とかつま先とかってさ…おおかた、自分の部屋に落ちてるTシャツをひょいっと足で引っかけたりしてんだろ…行儀悪い…」

(正解ははな)


⑧いつも点数を自慢している彼を出し抜き、いつか(  )を明かしてやりたい。

『真実』『本性』『真相』⇒「別に彼が悪いコトしているわけじゃないから!」
『手』⇒「手の内を明かすと使うことはあるけど…ダメッ、違うっ!」
『目』『種』⇒「ごめん、全然意味が分かりません」
『鼻の穴』⇒「ククク…ゴメン、腰にきた…鼻の穴を明かす?…ククク…バカすぎる…」

(正解は鼻)


「いやあ、お前らそろいもそろってヒドいな!今の教育ってどうなってんだよ…ここまでとは思わなかった。次回もやるぞ!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR