ステキな面々2

2/20(木)

いかん、どうも芳しくない…

高校入試が目前に迫った今、中3には入試予想問題を行っています。得点が安定している人はいいのですが、その逆……得点も間違い方も良くない生徒が何人かいます。

江戸時代、飢饉が続いたため、農民が商人や蔵屋敷を襲ったできごとを何といいますか?という問題で、クラスの半分が一揆、一揆と書く…。しかも「揆」の漢字は手へんに「発」…。

沖ノ鳥島の護岸工事を行う理由を、「海域の特徴を踏まえて」書けとなっているのに、大多数が「経済水域を確保するため」という単調なもので、質問に対する答えにまったくなっていない…

私は強い口調で、半ばののしるように言いました。

「一揆、一揆ってさ、一体何を考えてるんだ。しかも一発て…。一揆というのは重い年貢に対してお上に行うものでしょ。蔵を襲うのは打ちこわしだよね!向かっていく相手が違うんだよ!しかも土一揆とか一向一揆は江戸時代じゃないから!」

白板に一揆の種類と時代についてまとめました。私が声を荒げたせいか教室内はしんと静まり返って、ピリピリしたムードが漂います。

「ここだってそうだ。「海域の特徴を」って問題に書いてあるのに全然書いてない。そろいもそろって経済水域の一言で終わってるんだからね。ここは『周辺海域の鉱産資源や水産資源を守るため』ってことを書かないとダメだろ。」

白板に模範解答を書きながら続けます。

「あなたたちは水産資源と鉱産資源という言葉はもちろん知ってるよね。もう何回もやったから知らないってことはないと思う。

な・の・に、書かない。。。

 つまりさ…、問題をよく読んでいないんだな。頭がいいかどうかという問題じゃない。

 どうも、受かりたいっていう気持ちが足りないんじゃないの?

 ホントに受かりたい!どうか自分を受からせてください!って本心から思ってる人ならね…問題の指示を見落とさないって。

だいたい、高校からしたら、そんな風に指示を見落とすような間抜けはいらないから!」

心を鬼にしてグサッとくるような言葉をあえて並べました。

当たり障りのない解説では脳裏に焼付かない。

私の言葉にムカッと来て、なにクソーと思ってくれれば…、テストでもうちょっと用心深くなれるのかもしれない…。

そんな感じで社会の授業を終えたのですが、帰り際までみんな深刻な顔つきでした。

「〇〇と〇〇、あと〇〇は、数学が全然だな。このままでは受からない。今度の土日、授業後残って特訓する。帰り、2時間遅れると親に言っとくように。じゃ今日は終わり」

「受からない」というセリフを言うとき心の奥底がチクリとしましたが、そのぐらい危機感を持ってもらわないと困るので思い切って言いました。

授業後、名前を言われたある女子は、誰とも話さずにスタスタと足早に教室を出ていきました。かなりプライドの高い子なので、私の言葉に相当カチンときたのかもしれない。

ちょっといいすぎたか…

*********************

みんな帰ってから遅くまで作業し、3時少し前に帰宅。

部屋にグタッと横たわり、今日の授業を改めて振り返りました。

(あぁ…今日はキツく言い過ぎたな…

 もうちょっと優しくできないもんかね…

 でも受かってほしいからな…あとのぐらい言わないとな…

 土日に延長だと言ったらムスッとされちまった…

 でもしょうがない…

 できない人をできるようにするには…

 結局、やるしかないんだから…)

その後、テレビ画面をボーっと見るともなく見つめつつチャンネルボタンをポチポチしていると、ソチ五輪の女子フィギュアスケートがやっているではありませんか。

おお、これはこれはナイスタイミング!と思っていたら、次の滑走が浅田真央とのこと。

気だるい雰囲気が一気に吹き飛び、正座に座り直す私。

(メダルはもうダメかもしれないけど…がんばれ…)と祈る思いで画面に目を向けます。

始めのトリプルアクセルのときは「転ぶな!」という思いで息がつまりそうになるも着地成功で「よし!」と手を叩き、

その後あれよあれよと華麗にジャンプを決めていくうちになぜだかわからないけど感動し、

演技の最後の方、「これが浅田真央です!」というアナウンサーの言葉でティッシュBOXを脇へ寄せ、

フィニッシュ後の真央ちゃんの号泣姿に、こちらももらい号泣…。いやーまいった…

この土壇場でこれだけやれるんだからとんでもない精神力だ。きっと何回も何回も練習したからできたんだろう。

あいつらも…

あいつらもきっと…

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR