いざ、最終決戦へ!

FROM:真田和之

公立前期試験の結果が出そろいました。

クラスの雰囲気はというと・・・いつも通りです。

11月から何度も「前期試験で合格することは、なかなか当たらないくじ引きに当選するようなものだから、過度の期待はしないように!」と言い続けたからなのでしょう。各個々人、普段通りに勉強に取り組んでいます。

授業直前、Sさんは私に「YさんやR君は前期試験の結果・・・どうでしたか?」とそわそわした様子で聞いてきます。

「個人情報だから教えられない!そんなことよりも、今やろうとしている理科の繰り返しをやったら?」と切り返します。

Sさんは、学校の友人が合格したことに羨ましがったり、自分よりも成績の良い生徒がランクを下げて自分と同じ高校を受験することにイライラしたり・・・勉強に本腰が入っていない様子。

私は、受験生の女子特有の精神ストレスが溜まってきていると思い、Sさんに言いました。

「人を羨むことは醜いことって福沢諭吉も言ってるよ。羨んでも自分は何も手に入れられない!そんなことより今は、合格後の楽しい生活を想像しながら、自分の目の前だけをしっかり見つめて勉強してほしいよ。」

隣で聞いていたR君は「先生!良いこと言った!!俺は必ず合格を勝ち取りますよ!」と力強い一言。

003_20131226223239b84.jpg

現在、標準クラスでは「公立入試予想問題」を演習しています。

入試の平均点を参考に、各学校の合格点数をホワイトボードに書き出し、それを超えることを目標としています。

授業後、仙台西を目指しているAさんは不安そうな表情で言いました。

「先生、この点数で私・・・大丈夫ですか??」

「得点だけ気にするのではなく、家に帰ってからこの問題をどう復習するかが大切だよ。特に数学の関数や図形は、基本問題でしっかり得点できるようにチェックすること。復習したことを次の授業につなげていこう!」

そう言うとSさんは少し安心した表情で家路につきました。

一人一人が違った不安を抱えながらも、残り日数はあとわずか。

ここからは勉強面だけでなく、メンタル面が強いに越したことはありません。

そういった面に関する話を毎回の授業で行い、サポートしていくことが、我々にできる最後の味付けです。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR