4回転ジャンプは禁止

おととい、高校入試前期試験の合格発表があったので、昨日の中3の授業前は、事務机のほうからさりげなーく生徒の様子を観察しました。

受かった人はまあいいのですが、、、
残念だった人が結果をどのように受け止めているのか、気持ちの切り替えができているのか、それともショックで力が抜けてしまっているのか、その辺が多少なりとも気になります。

以前、前期(当時は推薦)失敗で引きこもりになってしまった生徒の例を知っているだけに、変なことになっていなければいいが…との思いでいましたが、今年はどうやら大丈夫そうです。

私は授業前に生徒全体に向かって言いました。

「ま、今回受かった人は良かったけどね、中学生の8割は後期で受けるわけだから、今回ダメだった人も何も心配することはないよ。普通のレールに乗っただけのことでね、これからが本当の勝負だよね。

さて、そのための戦略なんだけど…もう一度確認しよう。

あと2週間足らずでさらに伸ばせる科目は、、、やはり理社だな。なにしろ暗記科目だからね。

で、何をやればいいのかという話なんだけど、、、」

私はある女子生徒の社会のワークを手に取り中を開きました。

「これだよこれ。間違った問題の解き直しね。

もう一度基本レベルの総おさらいするのがベストだ。解き直し7割、新規3割といったところかな。

解き直しというのはね、とにかく俺がよく言うように、間違った問題に×印をつけてそこだけを2周3周する。

そしてオセロの黒を白にひっくり返すようにコツコツと×を○にしていくんだ。水漏れはないかもう一度チェックってところだな」

その女子に社会のワークを返し、今度は隣の女子の宮城県過去問を手に取り言いました。

「それともう一つ。

例えばこの宮城県過去問でいえば、、、レベル5の問題はもうやらなくていい。

数学の超難しいやつとか、理科の…例えばこの電流計の中身を分解した問題なんかはね、もういいからねやんなくて。

これを理解しようとあれこれ考えて、穴のあくまで解説を読み込むなんて時間の無駄以外の何物でもない。

今まではさ、『難しい問題を二日三日かけてもとにかく考えることが大事だ』とか、『解答を見たら切腹だ』なんて言ってたけどさ(笑)、それは12月までの話だから。

そんな難しいのを本番で決めなくてもいいんだよ。きちんと基本を埋められさえすれば。

たとえて言うなら、4回転ジャンプは飛ばなくていい(笑)

いまソチオリンピックやってるけどさ、、、

浅田真央ちゃんとか金メダル狙っている人はトリプルアクセルとか飛ばなきゃないと思うよ。1位を狙うならね。

でもあんたたちは違う。200人かそこらに入ればいいわけだからね。

真央ちゃんだって、もし『200位以内に確実に入ってください』って言われたら、トリプルアクセルは飛ばないだろうな。そんな危険を冒さなくても基本をきっちり決めればいいんだから。

英作文もそう。

英語が得意な人は見せ場がやってきたとばかりに、いかに腕によりをかけて自分の実力を採点者に見せつけてやろうかと考えるよね。

で、関係代名詞とか高度な文法でいろいろ修飾させる。でもそういうとき往々にして、日本語に訳したら変になってたとか、三単現のSとか名詞の前のaが抜けたとか、変なところでやらかしてしまうんだなこれが。

あれさ…配点が8点しかないからね。いいんだよ、そんなしょぼいコーナーで大技を決めようとしなくても。

配点が30点とかあるんだったら踏み込むけどね、あそこは基本技で確実に点を取れるようにしないと」

言い終わってクラス全体を見渡すと、生徒らはウンウンうなずいて聞いています。

分かってくれたとは思うけど…なかなかこれが難しいんですね。

技術を持っている人はどうしてもそれを披露したくなる。

勉強しようというとき人はどうしても新しいものをやってしまう。

試験まであと2週間…
毎度言い続けていかないと…

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR