日曜午後は学年末テスト対策

日曜午後は、中1中2の学年末テスト対策。昨日は名取一中、二中、みどり台中対象です。

まずは学校のワークを仕上げてもらいます。

これがハンパでは内申点に悪影響を及ぼすので、最優先で片づけることを約束にしています。

↓は中1男子。社会の教科書とワークを開いて勉強中。

001_201402021427134c0.jpg

手前に座る中1男子は、歴史の流れがよく分からないとのことで、先生が重要ポイントを説明します。

002_20140202142714c4f.jpg

ほかの部屋には2年生。

並んで座る二中の女子は、一人が地理、一人が英語を進め…

004_20140202142716dd4.jpg

その横に並んで座る一中の女子も、教科書で川や山の名前を調べながら地理のワークを進めます。

003_20140202142715622.jpg

クラスを見渡すと、社会は割と自主学習がはかどっています。

しかし、理科の電流と数学の証明は中身が難しいので、手が止まる人がちらほらいるようです。

私は、元塾生で、教師を目指す宮教4年の高橋先生を呼び、いくつか注意点を話して部屋を出ました。

しばらくして戻ると、まだみんな集中を切らさず勉強に取り組んでいます。

(ほう、なかなか頑張ってるじゃないか…)

私がいなくなったあと、何人か気が抜けている人がいるだろうと思っていたのですが、そういうことはありませんでした。

ただちょっと気になって、普段口数が少なく、勉強にも自信が持てていない女子生徒のところへ近寄り、腰をかがめて聞きました。「どこか質問なかったな?」

すると女子は「え…あ…あの…」とまごまごし始めます。

「いいよ、ゆっくりで。しっかし、ひどいね~。雄磨先生が質問を聞いてくれなかったんだね…」

それを聞いた高橋先生は、「え?俺っすか?いや、ちょっと…笑」と慌てています。

「ごめんね~気づけなくって……。
 雄磨先生が横を通るときに、
『あ、先生だ…私わかんないところあるの!気づいて、お願い!』って思ったんでしょ?」

そう言いながら辺りを見ると、私が話しかけている女子だけでなく、近くにいる女子も笑っていました。

「それなのに、雄磨は気づかずスタスタ行っちゃったと…。
 『あ、行かないで!これ教えて………あ~あ…行っちゃった』ってなったんだよね~。
 ホント、ヒドいやつだよね」

女子たちが苦笑する中、高橋先生は「はは…な、なんすか…なんかオレが悪いみたいな…」と慌ててその場を取り繕います。

私は高橋先生の方を向いて言いました。

「雄磨、お前なあ…、田村とか玉澤だったらお前にハッキリ質問するだろうけどね、女子はなかなかそれが難しいんだよ。

ただ机の周りを回るだけでなくってさ、『お願い!私に気付いて!』っていう心の声に気付いてやらないとな(笑)」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR