冬期講習の成果

FROM:真田和之

中1は学年末試験に向けた勉強が始まりました。

数学・英語は小テストや過去問と言った実戦練習に入り、皆気合いを入れて取り組んでいます。

007_2014013022085917f.jpg


英語を大の苦手とするY君が入会したのは11月。

入会当初は毎回実施している単語テストも四苦八苦・・・。ワークの問題を解くにしても時間がかかっていました。

毎週木曜日に行っている「新人特訓」で中1最初の内容から学習し直し、少しずつ力をつけてきました。

更に冬期講習でも基本を繰り返し(サッカーの遠征などでなかなか参加できませんでしたが・・自宅での学習をしっかり頑張りました)学年末試験の英語の結果が楽しみになってきました。

先日の授業でのこと。

単語テストの点数を報告してもらうと「45問中43問正解です!!」とY君は元気よく答えました。

しかし、前回と同じ得点だったので「前回より伸びてないけれど・・・・練習していないの?」と突っ込みを入れます。

「いや、そうではありません!練習はしています。いつも点数が下がらないように気をつけています!!」

と言いながら、前回より2問正解が減ってしまった友人のS君を見てニヤリとしています。

全問正解まであと少し。できればさっさと合格してほしいものですが・・・・。

006_201401302208586f9.jpg


単語テスト後のワーク演習中、皆真剣に解いているさなか、何やらひそひそ話が聞こえます。

先ほどのY君が「この問題の動詞の形は、主語が3人称だからSを付けるよね???」と単語テストで得点の下がってしまったS君に聞いています。

この会話を聞いたとたん、Y君の成長を思った以上に実感します。

「Y君、成長したな~!!英語が苦手な生徒は、主語が3人称なのかどうかもお構いなしで答えを書くんだけれど、その上を行ってるよ!Y君からこんなハイレベルな話を聞くなんて・・・・嬉しいよ・・・・・(涙)」

と言っている横で、S君が冷静に私とY君の会話に割って入ります。

「この問題はcanを使っているから、後ろはどんな形が来るの?」

Y君は「あ~、そうか!!」と問題に目を移します。

S君は英語が得意な方です。答えを教えるのではなく、気づかないことに気づかせる助言をしています。

2人のやり取りを聞いて、冬期講習で練習したことや解説したことが身についているのだと実感。

アルファベットから始まった生徒たちが、日々成長している姿に目を細めます。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR