冬期講習~中2~

2013/12/31

今回は中2の冬期講習の模様を。

普段は学力別にクラス分けをして授業を行っていますが、この冬はそうしていません。

過去に習ったものの総復習がテーマで、冬休み中に5教科のテキストをしっかり終えてもらうことを生徒との約束事としています。

教室は毎日解放しており、テキストを家でやってきてもこちらでやってもいいから、始業式前(1/7)には終わらせようねという内容です。

もし終わらなかったら、、、冬休みが明けても続行。そうなったら生徒もこっちもキツいですね。。。

本当はこんな形ではなく、いつものように授業日を特定の日に決めて、普通の授業形式で講習を行いたかったのですが、今回はそのようにしませんでした。理由はいくつかあります。

・クラスで教えている間、話を集中して聞けていない人がいる

・話を聞いて分かったつもりになっているが、やらせてみると本当は分かっていない人がいる

・宿題を出しても…おそらく高い確率でやってこない人がいる

・普段は教えているけど、たまには教科書や地図帳、資料集などを使った調べ学習をしてもらいたい

・英文法や数学が分からない人には個別に指導を行いたい

・塾に行って帰ってきて…それで勉強をした気になっている人がいるかもしれない。そうではなく、何時間かかっても中身のあるテキストをきちんと仕上げることを優先したかった、などなど…。

というわけで、講師を複数スタンバイさせて講習がスタートしました。

一度に全員見て回ることはできないので、グループに分けています。

↓のグループは、英文法の個別指導中…。みんな真剣に取り組んでおり、なかなかいい感じ。

DSCF0405.jpg

左隣のグループ↓は社会。写真手前の男子二人は教科書を開いて川や山の名前を確認しています。

DSCF0406.jpg

右側の生徒は今回の講習から参加した生徒。私が写真を取っていると振り向いて「先生、渥美半島って右のこれですか?それとも左ですか?教科書に載っていなくて…」と質問してきました。

「ほう、それは困ったな…じゃ、地図帳見るか」私はすぐに教えることはせず、塾の本棚にあった地図帳を渡します。

普段あまり使っていないからか、生徒は戸惑ったように地図帳をパラパラとめくり始めました。後ろからしばらくその様子を観察していると、やがてお目当ての中部地方にたどり着き「あ、あった!」と笑顔に。

このあと、このグループは30分後に英語に移ります。

ホワイトボードの後ろにも人影が見えますよね。普段あそこは速読用のパソコン机ですが、そこも使って指導しています。

回り込んで撮影したのがこちら↓。
現在、数学に取り組んでおり、困っている人には、塾の卒業生で宮教4年のタカハシ君が指導します。

DSCF0407.jpg

座席が足りないので、奥にある、来客用丸テーブルも使っています。

DSCF0409.jpg

↓はAチーム。進みが速く、質問があまり来ない人たちです。Aチーム所属は15人いますが、この日来たのは7人。

DSCF0410.jpg

この人たちから質問があるとすればそれはよほどの難問か、中1理科などのすっかり忘れてしまっている部分です。難問は解説しますが、過去の部分はこの機会にじっくり思い返してもらいたいと思っています。

********************

冬期講習はまだ続きますが、2013年の授業は終了です。

みなさま、良いお年を!
プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新コメント
最新トラックバック