母親の悩み4

毎年中3のこの時期になると、お母さん方から進路相談とは別に、ある種悩み相談のようなものを受けます。

学校から志望校調査用紙がよこされて期日までに志望校を決めなければならず、家庭内で話し合いの場が持たれます。そこでお子さんと衝突があるようなのです。

お母さんは今一つパッとしないお子さんの様子を見てイライラしながら「どこにするの?」迫ります。

そこで子どもが今の実力よりも下の学校を言えば、ちょっとそれはないんじゃないの、進路決めはあなたの将来にとって重要なことなのよ、もうちょっと頑張って上を受けなさい、とお思いになり、

子どもが今の実力より上の学校を言えば、それはそれで向上心があることはいいことだと思う一方、だったらそんなにのんびりしていないでもっと勉強しないと、と不安や焦りが募ってきます。

このように、この話し合いはお母さんにとっても子どもにとっても自分の現状とこの先を考える良い機会になっていると思います。

生徒によっては、これを機に一気に危機感を持つようになり、それまでとは打って変わって俄然勉強に前向きになり、良い循環に入る人がいます。

しかし、一方で話し合いが決裂してしまうケースもあります。

たとえば、自分の実力より上の学校を言った子どもに対して、だったらもっと勉強やりなさい、ということを強く言ったら、「点が上がらないのはDNAが悪い」と言われたお母さん。「それを言われたらねぇ…もう何も返せなくなって…」とあきらめ顔でした。

いやーひどい…。

まあ、きっと本音ではなく、半分以上は反抗期がそうさせたんだと思いますがね、それにしてもそれだけは言ってはならないと思いますが…お父さんはこれを聞いて何もしないのでしょうか…。

ほかには、進路の話をしたら「別に亘理とか宮農でいいよ」と言った子どもに対して、将来のことや何かを目指して努力することの大切さを語ったら、

「『将来はニートでいい』って言われてしまいました」と力なく答えたお母さんもいます。

なんだって???
ニートってことは、自分は大人になっても働かないけど、家とご飯だけはこれからもずっと俺にちゃんと世話してくれよってことですよね…。

「あら~、そんなことを言ったんですか~イケませんね~」と口では言いながら、心の中では怒りが大爆発。

(だったら捨てないと!いますぐ!ただちにッ!

どうしてそんな奴に温かい寝床と食料を用意してるんですか・・・)

それにしても、多分反抗したかったからそう言ったんだとは思いますが、進路を決める重要な話し合いでそれではな…と、私はお話を伺って何ともやり切れない気持ちになりました。

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR