「やってるよ」の中身・・・

2013/12/06

FROM:真田和之

「試験勉強はどうなの?しっかりやってる??」

「やってるよ!」

「受験勉強やった?」

「やったよ!昨日は3時間やった。」

などなど、生徒に声をかけると「やってるよ」という言葉が返ってきます。

自習室を覗くと、今日も中3生が自習に来て、各々のテーマをもって学習しているようです。

002_20131205222323285.jpg


しかし・・・よくよく見ると、時間をたっぷりかけて宿題を一生懸命やっているではありませんか。

私はその子に言いました。

「中3の今の時期に宿題メインでどうするの??復習がメインじゃないと偏差値上がらないよ!」

「だって・・・」と生徒はふくれっ面。言い訳しようにもできないようです。

学習時間を取って、胸を張って「やってるよ!」の裏側には危険がいっぱいです。

試験勉強も受験勉強も同じですが、問題を解いて、丸付けをして、間違いを覚えるまでが「勉強」。

しかし、注意して見ると、ただワークを埋めているだけで、丸付けもされていない状況が多々見られます。

また、調べて解答を書いたにもかかわらず、そのまま丸がついていたり・・・。

そのような状況では、成績が上がるどころか、やってもやっても結果に結びつかないことになります。

せっかく時間が取れるのであれば、出来なかった部分を覚えるまでを勉強とし、実益のある学習になるように我々も目を光らせています。

家庭学習までは見ることはできませんが、やった分は小テストや校内試験・模擬試験の結果となってはっきり表れてきます。

そういった点を見逃さず、生徒達に勉強がしっかりできているのかどうかをチェックするとともに、声掛けをしていきたいと思います。
プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新コメント
最新トラックバック