日本シリーズ

みどり台中は今日が定期テストの初日。

明日はメインの英語、数学があるので、中2の男子3人は塾に4時半にやって来て早速勉強を開始しました。

001_20131105172538718.jpg

ちなみに隣の部屋では小学生が元気にお勉強中です。

002_20131105172543104.jpg

さて、3人とも勉強が苦手で、なかなか校内平均までは届かない生徒。そこで昨日やった徒然草、歴史、その他もろもろどうだったのか尋ねると、

「う~ん…まあまあ」
「微妙です…」
「全部書くことは書いたけど…」

と、なんともハッキリしない様子。それでも今回は見ている限り、今までで一番勉強していたので、「前回よりは上がるだろ?」と聞くと、一人が「それはそうですけど…」と気のない返事。

「だったら頑張ったじゃないか」

「いや…でもまだまだです…」

「なに、100点でも狙っていたの?」

「はい」

「100はなかなか難しいだろ。まずは平均を超えよう」

とやり取りをしていたら、ほかの二人が今日の試験を振り返って話をしていました。

A「保体のさ、2020年のオリンピックがどこかって問題…どこにした?」

B「東京でしょ?」

A「日本じゃだめかな」

(へー、保健体育でそんな問題が出たんだ)と何気なく話を聞いていたら、話題は次の問題へ。

A「これは?日本シリーズにどこが出たかって問題」
(へー!それも出たの!サービス問題だなそりゃ)

B「それは楽天と巨人でしょ」
(さすがにね)

A「楽天は分かったんだけど、巨人は書けなかったー!」
(おいおい…)

B「ええ?それは知ってるでしょフツー!ははは、じゃあそこ1点だ」

A「あ~あ、そんなの分かんないよ」
(それは常識だろ!)

B「あっ!でもそう言えば先生!楽天はセリーグでいいんですよね?」

私「は?……パリーグですけど…」

B「えっ?う…うそ!あー、じゃあオレ逆に書いたー!」

私「じゃあお前は……1点どころか0点ね……」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ハイパーラーニング

Author:ハイパーラーニング
2000年に名取市で生まれ、生徒たった1人から始まった塾は、2016年におかげさまで1教室400名を超えるまでになり、同年、五橋に2教室目が誕生いたしました。

これまで、勉強をつい怠ける男子生徒や、受験に不安を感じる女子学生と、日々丁々発止のやりとりを続けてきて十余年、時が経つのは随分あっという間だった感じがします。

初心を忘れず、生徒との一分一秒を大切に。これからも生徒さんの目標達成に向かって共に歩んで参りたいと思っています。

こちらでは各講師が日替わりでクラスの様子をお伝えしてまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR