筆箱を開けると…

「いいか、社会や理科などの暗記系で点を取りたかったら…」

私が生徒らにいつも強調していることがあります。

①まずは、教科書のポイントをまとめよう!

②そしてそれを日ごろからチェックできるように工夫しよう!

ということです。問題集を解くのも大事ですが、それだけでは「その問題がそのまま出たら解けるけど違う角度から出題されたら解けない」という結果になりがちです。

ということで、まずは①の「ポイントを整理しよう」というのが大事なのですが、ほとんどの人はそれをそのままパタンとノートに閉じて、以降お目にかかることなく終了となってしまいます。でも、これはとてももったいない。

だから私は②の「壁に貼るなどして日々チェックしよう」とみんなに声掛けしています。

そんなある日の授業中、机を回っていると、ある中3女子の筆箱にこんなものが入っていました。

004_20131101172946053.jpg

(おお、これは…以前授業でまとめたものじゃないか!)

こうしておけば、筆箱を開けるたびにチェックできます。

また、いちいち覚えようと努力しなくても、日々目に入ってくることで潜在意識の中に記憶されます。

「へぇ~、これ、なかなかいいな」
頑張りを認めるように声掛けすると、

「だって私、ここなかなか覚えられないから…」と答えます。

「いや~素晴らしい。これを毎日開け閉めして、1週間経ってもまだ覚えられないという人がいたら一度お目にかかりたいもんだよ。…そうなんだよなぁ。見続けるのが大事なんだよなぁ。」

そう言ってしみじみ浸っていると、その女子は恥ずかしそうにしながらもちょっと頬が緩んだように見えました。

私は全体に向かって言いました。
「さあ、こういう人もいるってことで…みんな負けんなよ!努力あるのみ!まだまだこれからだ、頑張っていこう!」

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

hyperlearnig

Author:hyperlearnig
<塾長> 工藤 豪

大学卒業後、半導体エンジニアの道へ進む。
2年後脱サラし、生徒らとの一喜一憂をもとめて2000年に塾を設立。

地域の学力に貢献しているかは不明も、成績を伸ばしたいと考える彼らのために日夜奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR